2012 / 06
≪ 2012 / 05 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2012 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


本日は大安なり本日は大安なり
(2011/02/26)
辻村 深月

商品詳細を見る


辻村さんの最近の作品をきちんとチェックできておらず
一人、補完計画発動中。
水底フェスタを読み終え、今回はドラマ化もされたという
「本日は大安なり」を読んでみました。

━─━─━─━─━─
一世一代のたくらみを胸に秘める美人双子姉妹、
クレーマー新婦に振り回されっぱなしのウェディングプランナー、
大好きな叔母の結婚にフクザツな心境の男子小学生、
誰にも言えない重大な秘密を抱えたまま
当日を迎えてしまった新郎。

憧れの高級結婚式場で、同日に行われる4つの結婚式。
それぞれの思惑と事情が臨界点に達した、そのとき―。
世界一幸せな一日を舞台にした、
パニック・エンターテインメント長編の大傑作。
━─━─━─━─━─

面白かったです!
直前に読んだ「水底フェスタ」が、少々後味悪かっただけに
いい読後感でした。

新婦の妹が、双子の姉と入れ替わった一組目。
新郎が気づいてくれなかったら、この結婚は終わりだと決めながら
披露宴は徐々に進んでいき・・・。

二組目を語るのは、担当のウェディングプランナー。
担当したカップルの新婦は、
プランナーの過去の結婚話を破談にさせた張本人という因縁もある人。
打ち合わせ中も、ワガママを言いっ放しだった彼女は
やはり当日になってもいきなり変更を言い出したり・・・

三組目、リングボーイを任された真空(まそら)少年。
大好きな叔母の結婚式に、ある不安を抱いているものの
誰にも相談できず、とうとう本番に・・・
そんな彼に手をさしのべてくれるのは・・・?

夕方挙式の四組目の新郎は実は既婚者。
浮気相手に、結婚していると言えないまま
あれよあれよという間に、式場を手配されてしまい、当日に・・・
この式を挙げるわけには行かない・・・彼が選んだ行動は?


という四組の様子が時系列に描かれるお話です。


一組一組バラバラのお話なので
読み終えたあとは、それぞれに感想が残りました。以下、簡単に。


双子姉妹。
展開は見えているストーリーでしたが
後日譚で「♪」となれるのは、読者ならではの特権ですね。

この一日の中で、起承転結の「転」になるエピソードは
ともすると、4組目の彼のためだけに起きるのかと思いましたが
見事に、この姉妹があの出来事を良い方向に活かしたなぁと思います。


厄介新婦。
彼女にはやはり、披露宴中のあの行動に裏切られましたね♪
なかなか好感が持ちにくいキャラクターでしたが
披露宴中に、プランナーの山井さんにあれを渡していたことが
「転」の直後でも良い方向に働きましたし
なんやかんやで憎めないお嬢さんでした。新郎が逆に残念かも・・・(笑)


真空少年。
これは、辻村さんの初期作品を読んでいる人にとって
とても嬉しいエピソード満載でした。
わたしは、恭司が「月ちゃん」と呼んでようやく思い出しましたが^^;

彼のパートには、いろいろ伏線が張ってあるので
これから読まれる方は、ぜひ楽しんで欲しいです。
「転」の混乱のさなかのりんごシーンは、もちろんホロリと来てしまいました。


重婚男。
いやぁ・・・もう、最低ですね。
彼に関しては、後日譚もあまり嬉しくなかったです。
読書メーターで拝見したコメントの
「彼はこの式場で結婚式を挙げるべきではない」とのコメントに同感。
デリカシーがなさすぎます・・・。


この一日、奔走した山井さんの後日譚のエピソードにも癒やされる一冊でした。
スポンサーサイト

みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。