2014 / 07
≪ 2014 / 06 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2014 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


月光 (中公文庫)月光 (中公文庫)
(2013/04/23)
誉田 哲也

商品詳細を見る


━─━─━─━─━─
同級生の少年が運転するバイクに轢かれ、美しく優しかった姉が死んだ。
殺人を疑う妹の結花は、真相を探るべく同じ高校に入学する。
やがて、姉のおぞましい過去と、残酷な真実に直面するとも知らずに…。

ピアノソナタの哀切な調べとともに始まる禁断の恋、
そして逃れられない罪と罰を描く衝撃のR18ミステリー。
━─━─━─━─━─

誉田哲也さんを久しぶりに読みました。





このページ数を読んだ割に
満足感というか、手応えが少なかったように感じました。


主人公
昔の事件の犯人の少年
音楽教師

多数の視点で語られて、あっというまだったから、、、なのかなぁ?


終わってみると、主人公パートはあまりメインではなく
少年と教師のパートで、昔の事件の真相がほぼ読めてしまうので
あまり彼女の存在感も感じられず・・・。

最後に少年に起きた展開は予想外でしたが
その解決はなんとも当たり前の展開だったし・・・。

猿と描写されていた少年が、モデルデビューしているところに
どうしても違和感を覚えてしまったり。


大きなどんでん返しもなく、さらっと読める作品でした。
いえ、さらっとではないかな・・・
文庫裏表紙にあるように、R18な描写がありますしね。


タイトルの「月光」の曲は、最初の部分しか知らないので
今、聞きながら書いています。
youtube。便利な時代ですね。
最後の2つの和音。綺麗だなぁ・・・。


「月光」によって赦されているように登場人物は感じていますが
読んだ自分には、あまり救いのないお話でした。

また、武士道シリーズみたいな元気な女子高生の話を読みたいものです。

以下ちょっとだけネタバレに触れるところ。

▼続きを読む▼

スポンサーサイト

みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。