2015 / 02
≪ 2015 / 01 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 2015 / 03 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヒート (実業之日本社文庫)ヒート (実業之日本社文庫)
(2014/06/05)
堂場 瞬一

商品詳細を見る


━─━─━─━─━─
最後に勝つのは誰なのか――!?
公務員の苦闘と、白熱の42.195km

日本男子マラソンの長期低迷傾向に歯止めをかけるため新設された「東海道マラソン」。
神奈川県知事の号令のもと、県庁職員の音無太志は、
日本陸上界の至宝・山城悟のペースメーカーとして、
孤独なランナー・甲本剛に白羽の矢を立てる。
甲本はかつてハーフマラソンの日本記録を持っていた「30キロまでの男」。
所属していた実業団が解散し、母校のグラウンドを借りて練習する身だ。
ペースメーカーになることを渋る甲本に、音無は破格の条件を提示するが――。

果たして世界最高記録達成はなるのか。
数多の人間の欲望と情熱を乗せたレースは、まさかの展開に――。
箱根駅伝を走る学連選抜チームの激走を描いたベストセラー・『チーム』の“その先"の物語。
疾走感あふれるレース描写と、男たちの人間ドラマに一気読み必至。[解説/ 池上冬樹]
━─━─━─━─━─

今年の箱根駅伝終了直後に、久々に「チーム」を読み返しました。
続編のこの「ヒート」がでたと聞いていたので、復習です。

今作は、「チーム」では脇役・・・というには存在感抜群ですが
前作の主人公・浦にたすきを渡した天才ランナー、山城くんの物語です。

東海道マラソンの準備をする、箱根経験者の音無
なかなかレース出場を承諾しない山城
納得できないながらも、紆余曲折を経て、ペースメーカーを承諾する甲本

三者三様の視点がなかなか面白かったです。


レースが始まるまでは、出場を渋る山城がなんとももどかしく
彼が悪いやつに見えるような描写ですが
レースが始まり、山城の視点でレースが描かれ始めると
序盤の人物たちの立ち位置が一転、今度は音無が悪いやつに見える
なんとも不思議な一冊でした。
人間の思惑なんて、人それぞれであるということを、
改めて感じる・・・そんな読了感。


前作の主人公・浦が
何とも言えない役どころで登場するというのは
読む前に見たレビューで知ってしまっていました。

そのくだりの展開に関して。
浦の説得(?)で、レースへの出場を決める山城が
それまでの頑なだった彼とはまったく違うキャラクターになってしまったようで
確かにそこは違和感でしたが
ある意味、山城の人間らしさが見えて
(特に彼がレース中に浦に気づいたときの描写は、結構好きです)
自分の中ではアリでした。
もっと山城が参加を葛藤すれば、なお良かったのかな??


甲本は、辛い立ち位置が続きますが
最後に見せ場があって、ドキドキさせられました♪


ハーフマラソンへの活躍を期待される描写がされていた甲本。
駅伝、マラソンと続いてきていて
続編も噂されるこのシリーズ、次の主役は、甲本ではないのかな?と
こっそり予想しておきます♪



今日は東京マラソンでしたね。
この作品を思い返しながら、テレビ観戦していました。
30キロ過ぎが、昨冬、3ヶ月弱を過ごした街なので
懐かしく思いながら周りの風景を見ていました。

日本人1位は、自分がもっとも熱心に箱根を見ていた頃に活躍していた今井選手!
おめでとうございます☆☆
サブテン、達成ですね!(←覚えたて・笑)
今後の活躍もお祈りしています。
スポンサーサイト

みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。