2015 / 04
≪ 2015 / 03 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2015 / 05 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夜は、本格的に一人暮らしを初めてした堺での最後の夜です。

この部屋にやってきたのが、2014年の4月26日だったので
本当にちょうど1年の生活でした。

現職に転職した際に、研修で3ヶ月東京のマンスリーマンションに滞在しましたが
家具・家電を一からそろえて、一人暮らしを始めたのは
この堺での一年間が初めてでした。

本当は2年ほど滞在する予定でしたが
仕事の都合なので、こればかりは仕方がなく
明日、同じ府内の実家へと出戻り(笑)ます。


先日の「島はぼくらと」でも触れましたが
私の実家のある街は、これ!といった特色が薄いので
歴史や文化が根付いている堺は、その意味でとても羨ましいです。

なんといっても仁徳天皇陵!(最近は大仙古墳だそうですが)
古代史を感じるところから始まり
千利休や与謝野晶子といった、この街出身の歴史に残る偉人。
お寺さんや神社も多いです。

2月末に読んだ「最後の色街 飛田」では
堺にあった遊郭にも触れられていたので
その周辺を散策してみたり。。。
建築に詳しくない私は、その名残が今ひとつわかりませんでしたが。。。

前職でも堺はしばしば訪れていましたが、
それはやはり仕事で、ピンポイントでの訪問でしたので
秋口、お祭り一色に染まる街の様子などは
生活してみなければ分からないものでした。

岸和田のだんじりは非常に有名ですが
大和川以南は、岸和田以外も秋口は多くの地区が
お祭りをすることを知らなかったんですよね。
お盆を過ぎた頃から、街中に提灯が飾られ
日程が近づくにつれて、そこここに飾られる
交通規制(御神輿通過のため)の看板が新鮮でした。

昨年は予定があったので、近隣のお祭りを全く見られず
今年こそは。。。なんて思ってもいたんですけどね、、、残念。

━─━─━─━─━─

最終日の今日は、3月20日にオープンしたばかりの
「さかい利晶の杜」に行って参りました。
この施設のある、宿院エリアに住んでいたので
頂いていた無料招待券を使ってちゃっかり最後に訪れた次第。

ついでに言えば、職場と家も非常に近かったので(100mぐらい、笑)
この1年、この施設ができあがっていくのを、
職場や家からそれこそずっと見守っていたわけで。
最後に行くのにふさわしいかな・・・なんて。

map1.png  map2.png


入り口にはこんな感じで、堺の歴史を感じられる展示があり
無料の観光案内所となっています。

map3.png

これは昔、海外で描かれた日本地図らしいですが
「堺 Sacay」の表記が確認できます。


1Fは利休の展示がメイン。

IMG_2209.jpg IMG_2208.jpg 
写真撮影も9割ぐらいOKでした。

IMG_2210.jpg

そとにあった、待庵を再現したもの。
にじり口は本当に小さいですね

2Fは晶子の展示。

IMG_2213.jpg IMG_2212.jpg


個人的に一番惹かれたのが、晶子の著書の装丁。
どれも綺麗でした。やはり本って装丁が大事。


IMG_2216.jpg IMG_2217.jpg
晶子の生家の復元もあります。
実際の生家跡は、この施設から少し行ったところに跡だけが残ってます。


IMG_2218.jpg

展示を全て見終え、1Fに戻る階段からは
以前からこのエリアにある、利休の茶室の再現が見えます。


行ってみての感想は、特に利休の展示で感じたのですが
ちょーっと、、、複製が多すぎるかな。。。
大人300円の入場料なら仕方ないのかも知れませんけどね。

ただ、最新の文化施設なだけあって
タッチパネルなど、他の美術館などでは見られないような展示もあり
なかなか面白いところもありました。

市役所もあるせいか、一番栄えている?南海高野線堺東駅からは遠いですが
南海本線の堺駅からだと、徒歩10分ぐらいの場所です。
展示の鑑賞だけなら、1時間ぐらいの施設です。
両偉人に興味ある方は、ご参考にして頂ければ、と。

━─━─━─━─━─

外食は、ほぼしなかったものの、
そんなに自炊のレベルは上がらない(何かを焼いてばかり、笑)
そんな一人暮らし。
ゆえに、親のありがたみを改めて知る一人暮らしでもございました。

しばらく実家に戻った後、次はどの街へ行くかは分かりませんが
最初に一人暮らした街として
覚え書き、でした。


※4/29写真追加 誤字など修正
スポンサーサイト

みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。