2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マリアビートルマリアビートル
(2010/09/23)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


伊坂さんの新刊です。
これで、現在刊行されている作品は全て読めたはず♪
文庫化で再読した「ゴールデンスランバー」や
「オー!ファーザー」など
年末年始は結構伊坂さん漬けでした♪

━─━─━─━─━─
元殺し屋の「木村」は、
幼い息子に重傷を負わせた相手に復讐するため、
東京発盛岡行きの東北新幹線“はやて”に乗り込む。

狡猾な中学生「王子」。
腕利きの二人組「蜜柑」&「檸檬」。
ツキのない殺し屋「七尾」。
彼らもそれぞれの思惑のもとに同じ新幹線に乗り込み―

物騒な奴らが再びやって来た。
『グラスホッパー』に続く、殺し屋たちの狂想曲。
3年ぶりの書き下ろし長編。
━─━─━─━─━─

「グラスホッパー」が、少々苦手なもので
その内容をさーっぱり忘れていたのが、残念。
「グラスホッパー」に登場していたと思われる人物も
ちらほら再登場するお話でした。
(独特な名前に見覚えがあったから、多分そうだと思われます。。。)


「グラスホッパー」が、それまでの伊坂さんの作品とは
かなり雰囲気が違う作品だったため
妙に苦手意識をもってしまったのですが
あれから「ゴールデンスランバー」や「魔王」「モダンタイムス」など
初期のモノとは違う作品も、たくさん読んできたせいか
今回の「マリアビートル」は、そうそう違和感なく読めました。


とはいえ、殺し屋のお話。
木村、檸檬&蜜柑、七尾の3組の殺し屋に加え
彼ら、殺し屋以上に悪意を持つ王子などが登場。
物騒なシーン、もちろん存在するわけで。。。


でもでもやっぱり伊坂作品。
キャラクターそれぞれ、個性が目立ちます♪
とことんツイテない七尾や
機関車トーマスが大好きな檸檬など、愛すべきキャラクターはたくさんいるのですが

私の中で、一番強烈だったのは
純然たる悪意であった中学生の「王子」。


彼が私の前で、木村にとったような態度をしたら
どつきまわしたくなるのでしょうが
それすらも、王子のシナリオだと思うと
腹立たしいこと、この上ないんだろうなぁ。。。

中学生という設定が、より彼について好感が持てない原因なんだとは思います。
生意気な子どもにしか思えないし
小賢しいという言葉が、これほど似合う子もいないでしょう。。

ホントにイライラしました。
でも、いるんだろうなぁ
こういう考え方をしたり、行動に移す人。
それを思うと、すごく怖くて
ゆえに、王子が強烈だったというわけでした。


人にとって、印象深いキャラクターが違ってきそうな作品だったので
今後、読まれた方の感想も、楽しみにしていきたい一冊。



2011年の初読了は、畠中恵さんの「ちんぷんかん」だったのですが
これは文庫化による再読だったので
純粋に、2011年で初めて読み終えた作品でした。
スポンサーサイト

【No title】
久々に血なまぐさいお話でしたが、
エピローグの爽やかさは顕在で、安心しました。
トラックバックさせていただきました。
【Re: No title】
>藍色さん

いつもTB&コメントありがとうございます。
更新頻度が下がっているにもかかわらず、ご訪問頂き感謝∞です^^;
この記事へコメントする















元殺し屋の「木村」は、幼い息子に重傷を負わせた相手に復讐するため、 東京発盛岡行きの東北新幹線“はやて”に乗り込む。 狡猾な中学生「王子」。腕利きの二人組「蜜柑」&「檸檬」。ツキのない殺し屋「七尾... ...

みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。