2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


モノレールねこモノレールねこ
(2006/11)
加納 朋子

商品詳細を見る


タイトルがとっても気になっていた一冊。
加納さんの短編集を初めて読みました。

━─━─━─━─━─
時をこえて届くあの頃からの贈りもの。
儚いけれど、揺るぎない―「家族」という絆。

デブねこの赤い首輪にはさんだ手紙がつなぐ、
ぼくとタカキの友情(「モノレールねこ」)。

夫を待つ時間に取り組んだ白いパズルの中に、
犬の気配が(「パズルの中の犬」)。

家族をいっぺんに失った中学生の私と、
ダメ叔父さんの二人暮らし(「マイ・フーリッシュ・アンクル」)。

私と偽装結婚したミノさんは、
死んだ婚約者がそばにいると信じていた(「シンデレラのお城」)。

ロクデナシのクソオヤジに苦しめられてきた俺に、
新しい家族ができた(「ポトスの樹」)。

会社で、学校で、悩みを抱えた
家族の姿を見守るザリガニの俺(「バルタン最期の日」)。
━─━─━─━─━─

8篇の短編集。
どれもよかったです!オススメのお話をひとつ・・・というのが選べません。
「絆」をテーマにした素敵なお話たちでした。

*モノレールねこ*
この、気になっていたタイトルの
意味をきちんtp知ったとき、
そのセンスのすばらしさに
にんまりせざるを得ませんでした♪
読了してから改めてふりかえってみると
一冊通じて「家族」をテーマにしたモノが多い中では
ちょっと異色な表題作?
でも、一番すてきなタイトルです。


*マイ・フーリッシュ・アンクル*
テツハルは、本当に何がしたいんだか・・・と
カスミの心の動きに共感しながら読んでいたら
まさかまさかの彼の行動の真相・・・!!
切ないけれど、なんだか複雑ですねぇ・・・。


*バルタン最期の日*
ザリガニが主人公の小説って初めてです!!笑
ちっちゃな小学生の男の子・フータに釣られて
家族の一員となった俺(=ザリガニ。命名:バルタン)。
彼の視点から語られる、フータ一家の様子。

・・・設定がすごいですよね。斬新です。
一気に物語にひきこまれました。
昔、弟もよくザリガニを釣っていたのですが
弟に釣られた子たちも、こんな思いだったのでしょうか??笑

最期の日、とあるように
バルタンは一家に別れを告げるのですが
その最期がまたかっこいい♪


上述:内容紹介に挙げられている作品の他に
開店したてのラーメン屋の奮闘を描いた「ちょうちょう」や
我が子を亡くした母が主人公の
「セイムタイム・ネクストイヤー」も良かったです。

特に「セイムタイム・ネクストイヤー」は、切ない。
「シンデレラのお城」の後に収録されていたこともあり
作中に起きる不思議な現象を、疑いもせず
言葉通り受け取りながら読んでいたのですが
まさかの素敵な真相が・・・!!


文庫化もしている一冊です。
ぜひこの素敵な真相を確かめてみてください☆☆
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。