2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アリアドネの弾丸アリアドネの弾丸
(2010/09/10)
海堂 尊

商品詳細を見る


昨秋に出た、バチスタシリーズの新刊を読みました。
前作の「イノセント・ゲリラの祝祭」を読んだのが1年以上前・・・
現在も続いているシリーズを追いかけて読むのって
自分で買った本じゃないと、本当に内容を忘れがち。。。


━─━─━─━─━─
東城大学病院で再び殺人事件が!

「この事件はすべてが不自然すぎる。絶対にどこかがおかしいんだ」
東城大学病院に導入された新型MRIコロンブスエッグを中心に起こる事件の数々。
さらには、病院長に収賄と殺人の容疑がかけられてしまう!

殺人現場に残されていた弾丸には、巧妙な罠が張り巡らされていた…。
不定愁訴外来の担当医師・田口公平が、
駆けつけた厚生労働省のはぐれ技官・白鳥圭輔とともに
完全無欠のトリックに挑む。
━─━─━─━─━─

久々に、がっつり医療ミステリでした!!

とはいえ・・・
バチスタの時から登場する、画像診断:エーアイ。
これを、作者自身が推しすぎていることに
序盤はかなりうんざり。。。


遺体をメスで傷つけることなく
画像診断で判定する、ということは
遺族感情を逆撫でせずに、詳細な死因を判定できる可能性がある。

画期的な技術だと思うのです。
決して否定的になるつもりはないのです・・・が
正直、こうも毎回作中に登場すると
うーん、と自分では思ってしまいます。

それほど、訴えたいことであるというのは
切々と伝わってくるんですけどね^^;


今回、舞台である桜宮市に、エーアイセンターが設立されることになり
田口医師が、そこのセンター長に任命されます。
その権限を使って、自分にとって良い人材を
副センター長として任命し、
設立に関しての会議に臨むのですが・・・

実際問題、一般市民な私には
費用だとか、司法と医療だとか・・・
その論じていることの前提条件が、よく分からないままだったんですよね。

画像を撮影するのに、お金がかかることはもちろんわかるけど
一体、いくらぐらいなんだろう・・・?


そんなわけで、会議のシーンが続く前半は
なんだか蚊帳の外にいるような感じで
なかなか読むペースが上がらなかったです。

とはいえ、病院内で事件が起こってからは一転!
あっというまにラストシーンまで読んでしまいました。

いつもは、ちょっと嫌な奴の白鳥ですが
今回、すごく嫌な奴が出てくることもあるし
容疑者としてとらえられてしまった、高階病院長の無実を証明するために
東城大学病院の面々は奔走するわけですから
白鳥も応援したくなってしまいます♪

謎解きの章は、圧巻でした・・・!!
その過程も、がっつりミステリーを読んだ!という感じで大満足★


バチスタシリーズ以外の海堂さんの作品も読んでおかないと
今後の展開についていけなくなりそうな所に
一抹の不安を覚えるところもありましたが
なかなか良い一冊でした♪
スポンサーサイト

【No title】
今作も痛快に読めました。
特に最後の謎解きのくだりはこれでもかっ!という程、
圧倒的なボリュームとスピードで、
終章まで一気に読めてよかったです。
「道徳という名の」と合わせてトラックバックさせていただきました。
【Re: No title】
>藍色さん

遅ればせながらTB承認しました
この記事へコメントする















東城大学病院で再び殺人事件が!「この事件はすべてが不自然すぎる。絶対にどこかがおかしいんだ」東城大学病院に導入された新型MRIコロンブスエッグを中心に起こる事件の数々。さらには、病院長に収賄と殺人の... ...

みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。