2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


胡蝶の失くし物―僕僕先生胡蝶の失くし物―僕僕先生
(2009/03/19)
仁木 英之

商品詳細を見る


僕僕先生シリーズの第三弾です。
文庫化が待ちきれずに、図書館で取り寄せてしまいました♪


━─━─━─━─━─
美少女仙人vs.最凶の刺客!?

気ままな旅を続ける僕僕先生と王弁くんを、
大唐帝国の闇で蠢く暗殺者集団「胡蝶」が追う―。

必殺の吹き矢を操る劉欣が登場。
笑いあり、サスペンスあり、涙ありの第3弾。
━─━─━─━─━─

表紙に描かれている、不気味な男。
彼の名は劉欣(りゅうきん)。
暗殺者集団「胡蝶」に属する、凄腕の殺し屋です。

今回受けた依頼は
僕僕先生と、その弟子・王弁の暗殺―――。
気配を隠し、一向に近づく劉欣ですが
彼には気になることがあって・・・。

という「職業兇徒(闇に囚われた者)」から始まり
薄妃の冒険を描く「相思双流(せっかちな女神)」
王弁の銭稼ぎ「主従顚倒(夢に笑えば)」
謎の道士が暗躍する「天蚕教主(惑う殺し屋)」
薄妃の恋の結末「回来走去(誰かのために流す涙)」
そして最終話「恩讐必報(失くし物、見つけた物)」

計6話の連作短編集。

新しい登場人物、劉欣。
副題を読むと分かる通り
彼は、第一話では先生や王弁を殺害することは出来ず
(出来てしまったら、このシリーズは終わってしまいますが、笑)
一行の様子を窺いながら、さてどうする?

といった大筋の話が1冊を通して楽しめます。
一方で、薄妃の恋に進展が・・・!!


このお話が、なんだかんだいって切なかったです。

「相思双流」にて
僕僕先生は一切気にしていないのですが
薄妃は、偶然であった川の女神に力を借りて
恋人のもとへ飛んでいこうとするのです、
でも色々あって、結局この話の中では、それは叶わずじまい・・・

それでも、一緒に旅をすることで
薄妃は徐々に回復(?)し、
先生に気を吹き込んでもらわないと、
皮一枚の姿になってしまっていた薄妃が
自ら物を食べて、気を取り込み、体を維持できるようになり
満を持して、恋人の元へ・・・!!(「回来走去」)。


結末はネタバレになるので、伏せますが
切なかったです・・・。
薄妃が劉欣に言う言葉が、すごく分かるなぁ、と。


あまり触れていませんが、主役(?)の二人
王弁は相変わらずだし
あまり序盤は目立った活躍をしなかった先生も
最後にかっこいい姿を見せつけてくれました。

新しいキャラクターもでてきたり
一行の旅も、とうとう船に乗ったり
ますます今後の展開が期待できそうな3巻でした。


<僕僕先生シリーズ>
僕僕先生
薄妃の恋


実は、間髪入れず4巻を読み始めています。
とても楽しみです♪
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。