2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どや!大阪のおばちゃん学どや!大阪のおばちゃん学
(2005/02)
前垣 和義

商品詳細を見る



(´・ω・`)

うち、こんな本読むつもりなかった。。。
おかんのせいやもん。


━─━─━─━─━─
大阪のおばちゃんは最強である。
飴ちゃん一つで人の心をわしづかみ。
厚かましさを愛嬌に変える人心掌握力は見事である。

大阪のおばちゃんはブランドである。
アメリカ元大統領にも容赦ない質問を突きつける。
本質にズバリ切り込む交渉力は世界に誇れる。

大阪のおばちゃんは前向きである。
道に迷う人あれば、行って知らない道を堂々教える。
いまこの行動力と楽天主義に学ぶべきことは多い。

不況で元気をなくした現代日本社会に必要なのは活力である。
「大阪のおばちゃん」のパワーの本質を学べる、画期的な文化論。
━─━─━─━─━─

生まれは尼崎(ダウンタウンの出身地。大阪府と隣接)、
育ちは大阪北部のみやこのです。こんばんは。

多分、自分は大阪人といって差し支えがないでしょう。
でもまだ、大阪のおばちゃんではないはず!!


それを確かめるためにこの本を読ん・・・
いやいやww

なぜ、この本を読んだかというと
「この本面白そうやから借りてきた!あんた読み!!」
と、母・・・いや!!
おかんが押しつけてきたからです(笑)

まさに、こういうことが
大阪のおばちゃんやと、思うんですけどねぇ~



まずは冒頭に、大阪のおばちゃん度チェックがありました。
一部抜粋してみましょう。

□ バッグの中に「飴ちゃん(飴)」を入れている
□ エレベーターに乗ると、まず閉のボタンを押す
□ ムービングウォークではまず歩く
□ エスカレーターで左右両方に立ち止まっていられると腹が立つ
□ 道を聞かれれば、親切に教える
□ バス停では、バスが来る方をじっと見つめている

などなど・・・

自分にも当てはまっていることを抜粋してみました。
う~ん・・・・
他の地域の人、ほんまにせーへんの??

(ちなみに、バス停~は、相方に大爆笑されました)


結局、一冊通じて読んでいると
江戸時代頃からの、大阪人の気質が今も生きていて
「得することが大好き!!損をするのが嫌い! 」
というのが、おばちゃんの生態であることを
いろんな具体例を出しながら、解説している一冊です。



ちなみに
「うちやご近所の皆さんは、ここまでコテコテの大阪人じゃない!」
と、声を大きく言いたいです。

が、この主張は
淀川より北側の地域に住んでいる大阪人に、
顕著に見られる傾向だそうです。。。

うぬん
所詮この行動も、ステレオタイプなのか・・・・orz



まぁ、大阪のおばちゃんに興味ある方がいれば、どうぞ・・・
(いるのか!?)
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。