2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


GOSICKVI ―ゴシック・仮面舞踏会の夜― (角川文庫)GOSICKVI ―ゴシック・仮面舞踏会の夜― (角川文庫)
(2010/11/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る


GOSICK、角川文庫で出ている分の本編は
とりあえず現状では終了~
5巻(→)からの続きです。
修道院から帰ってくる列車の中で起きた事件。


━─━─━─━─━─
謎の修道院“ベルゼブブの頭蓋”から
辛くも脱出したヴィクトリカと一弥は、
豪華列車オールド・マスカレード号で、
一路懐かしいソヴュールへ。

そこで出会った乗客たちは、それぞれ奇妙な名乗りを上げる。
“死者”に“木こり”、“孤児”に“公妃”。
やがて起こった殺人事件、三つの嘘とひとつの真実、
いや、もしかしたら、すべてが…?

誰もが誰かを演じる仮面舞踏会の夜、
深まる混沌にヴィクトリカの推理が冴えわたる。
━─━─━─━─━─

この6巻が、一番好きかもしれません。

移動する密室で起きる
不可能にしか思えない殺人事件。
容疑者達はそれぞれ、身分を偽った自己紹介しかしておらず・・・

相変わらず、犯人の選択肢が
巷のミステリよりは少なくはあるのですが
事件の設定、GOSICKの世界観、一弥とヴィクトリカの様子など
全てが上手にいい世界観を醸しているように私は感じました。


購入時に、表紙のイラストを見て
「!? ヴィクトリカが銃!」
と思ったけれど・・・なるほど、そういう訳。

一弥とヴィクトリカは、いい感じです( ´艸`)
ほほえましいです♪

ヴィクトリカの謎の行動には、必ず意味があって
それは必ず一弥のため、というものなのに
あの鈍感男は、未だにこのパターンに気づかない・・・!!

ヴィクトリカじゃなくても、拗ねるわ~って思いながら
顔をぺちぺちたたく辺りのやりとり&真相は、
ニヤニヤしそうになりながら読んでいました。

ハッピーエンドを迎えて欲しいのですが
終盤、この二人はどこへ向かっていくのやら・・・。


事件に関しては
GOSICKシリーズがはらむ大きな謎を含みつつ
3人の容疑者の供述を読みながら、
自分でも推理できるので、楽しかったです。

ただ、真相?のところは少々くどい★
あぁいう表現以外にどうすればいい?と考えると
妙案は思い浮かばないのですが・・・
謎解き?真相?の部分が、流し読みになってしまったのだけは、残念でした。。。

とはいえ、仮面舞踏会の他の登場人物たちも
次々に真実が明らかになって
色々な所に伏線→一気に回収!を楽しめた一冊♪


さぁ、ようやく短編集にとりかかれます♪
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。