2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


謎解きはディナーのあとで謎解きはディナーのあとで
(2010/09/02)
東川 篤哉

商品詳細を見る


巷で話題の人気本です。
本屋大賞にもノミネートされているとのこと。
図書館での予約件数がおそろしい数になっていたので
久しぶりに単行本を購入しちゃいました。

━─━─━─━─━─
執事とお嬢様刑事が、6つの事件を名推理!
ミステリ界に新たなヒーロー誕生!

主人公は、国立署の新米警部である宝生麗子ですが、
彼女と事件の話をするうちに真犯人を特定するのは、
なんと日本初!?の安楽椅子探偵、執事の影山です。

彼は、いくつもの企業を擁する世界的に有名な「宝生グループ」、
宝生家のお嬢様麗子のお抱え運転手です。
本当は、プロの探偵か野球選手になりたかったという影山は、
謎を解明しない麗子に
時に容赦ない暴言を吐きながら、事件の核心に迫っていきます。

本格ものの謎解きを満喫でき、
ユーモアたっぷりのふたりの掛け合いが楽しい連作ミステリです。
━─━─━─━─━─

自分の中では、評判ほどの満足度は得られなかったです・・・。


まず、ワンパターンすぎる。

麗子が職場で難事件を持って帰ってくる
  ↓
影山に説明
  ↓
影山、容赦ない一言で麗子を罵る。そして真相。


の、パターンだらけ。
これが5話も続くと、正直、私は飽きます。
3話目ぐらいから「そろそろ別パターンを・・・」と思いつつ
ちょっと変形パターンが出たのは、最終話。

これは、それなりに本読みを自称する私にとっては
高い評価をつけようとは、なかなか思えない構成でした。



影山×麗子の絡み
も、もっと面白いのかなと思っていたのですが
本当に一言だけ、影山が麗子をおちょくるだけ。

会話の妙といえば、まっさきに思い浮かぶのが伊坂作品。
ああいう、なかなか忘れられないフレーズなどがあるのかな、と期待していましたが
なんだかすぐにコミカライズされてしまいそうな・・・
ラノベな会話の印象を受けます。
ラノベが嫌いなわけじゃないけれど
期待とは違ったなぁ・・・。



麗子の同僚、風祭警部。
これはもう、個人的読書履歴のせいなのですが
もう、どうしても・・・
GOSICKのグレヴィール警部にしか思えなかった・・・・笑


ミステリ部分。
これは、短編ですし、可もなく不可もなくという印象でした。
本格、とまでいっていいのかは微妙ですが
一見しては真相が分からない状況設定で
真相を知っても、そうそうこじつけでもないし
ふむふむ、といった感じです。
ただまぁ、繰り返しになってしまいますが
その解決するくだりに、飽きが来ます・・・苦笑


本屋大賞の「大賞」はないかな、、、と思っています。
まだ、ノミネート作品の半分ぐらいしか読んでいないんですけどね。

今年はなにが獲るかなぁ・・・


今年度ノミネート作品(敬称略)
キケン! 有川浩
ストーリー・セラー 有川浩
神様のカルテ2 夏川草介
スポンサーサイト

【ようやく同じ感想の方が・・・】
私も退屈を感じたほうなのですが、世の中が大絶賛過ぎて少々戸惑っています。

ワンパターンという表現が的確ですね。

読者大賞候補作では、「キケン」も弱いような気がします。

神様のカルテは未読なのでなんとも言えないですが。
【Re: ようやく同じ感想の方が・・・】
コメントありがとうございます!
半分ぐらいで本当に飽きちゃいますよねぇ。。。
続編が出たとしても、今度は買わずに、借りるかな、と思っています。

この方の他の作品を読んだことがないので
なんともいえないのですが
今後もシリーズが続くなら、もう一ひねりを期待したいです。


「キケン」もそうですねぇ・・・
お話自体は好きですが、ちょっとノリが軽いところがあるので
大賞を獲るのは厳しいかも知れませんね。
黒板の演出はすごく好きなんですけど( ´艸`)☆

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。