2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あなたがここにいて欲しいあなたがここにいて欲しい
(2007/09)
中村 航

商品詳細を見る


中村航さん、まとめ借り3冊目は短編集。
既視感。
実は、今回のまとめ借り、初めての出会いではなかったのですね。


━─━─━─━─━─
懐かしいあの日々、温かな友情、
ゆっくりと育む恋―

僕は、守り続けなきゃならない。

『100回泣くこと』の中村航が贈る、静かで優しい物語。
━─━─━─━─━─

「あなたがここにいて欲しい」「男子五編」「ハミングライフ」
の3編の短編集です。

読書メーターにこの本を登録したときに
圧倒的に多かったコメントが「ハミングライフがいい!」でした。
私も同じ感想です。

「あなたがここにいて欲しい」は
吉田くんという大学院生が主人公のお話。
語り口がどうも苦手でした。

一人称ならそうでもなかったんでしょうけど
もはや20代半ばの男子を、こうもふわふわに表現されると
なんだか、こそばゆくなってしまいます。

せっかくの終盤のシーンも
なよなよしすぎ!!って、カツを入れたくなってしまうんですよね。
いわゆる草食系男子というものなのでしょうか。。。

吉田くんの友人として出てくる又野君。
紆余曲折を経て、彼はしっかりと大人になり
いまや奥さんのおなかの中に子どもまでいるしっかり者。

吉田「くん」と又野「君」と表記されているのが
その辺りの差、なのかしら??と
編に勘ぐってしまっていました。


「ハミングライフ」は、途中で既視感を覚え
奥付を確認したところ、やはり!と納得。

昔、石田衣良さんの作品きっかけで読んだ
「LOVEorLIKE」というアンソロジーの中に収録されていたお話。

旧ブログにて、自分の感想記事を確認したところ
やはり「ハミングライフが良い!」という感想を残していました。
すっかり忘れてしまっていて、申し訳なく思いつつ・・・

木のうろの中に隠す手紙交換から始まる物語。
いいですねぇ♪
お手紙を書くのが趣味になりつつある私には
改めて、たまらない設定でした。

なかなか、最初の2編は好みが分かれそうなお話のように思いますが
最後の「ハミングライフ」は本当におすすめできる
そんな一冊です。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。