2017 / 04
≪ 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


うつくしい人うつくしい人
(2009/02)
西 加奈子

商品詳細を見る


西さん、今度は長編です。
装丁がきれいです♪好み。

━─━─━─━─━─
他人の苛立ちに怯え、細心の注意を払いながら重ねていた日々を
自らぶちこわしにした百合。

会社を辞め、「ただの旅行」で訪れた島のリゾートホテルのバーにいたのは、
冴えないがゆえに百合を安心させるバーテンダー坂崎と、
暇を持て余す金髪のドイツ人、マティアスだった。

美しい瀬戸内海の離島、そこしかないホテルで不思議に近づく三人の距離。
地下には、宿泊客が置いていく様々な本が収められた図書室がある。
本に挟まっていたという一枚の写真を探すため、
ある夜、三人は図書室の本をかたっぱしから開き始める―。

会社を逃げ出した女、
丁寧な日本語を話す美しい外国人、
冴えないバーテンダー。
非日常な離島のリゾートホテルで出会った三人を動かす、圧倒的な日常の奇跡。
━─━─━─━─━─

主人公の心の揺れ幅が大きすぎて
どちらかといえば、ネガティブに始まる序盤に
なかなか、ついていきづらかったです。。。

せっかくの旅に出るのに
どうしてそんなにネガティブ!?

旅に出るのは、人それぞれ理由があるんだろうけれど・・・

あまりのマイナス思考の主人公に、
基本プラス思考で生きていこうとしている自分は
うまく読み進められるか、不安に思いつつ・・・・


それでも、ホテルに着いてからの人との出会いが
色々主人公の百合を変えていきはじめるので
読んでいて楽しかったです。

うっかりバーテンダーの坂崎に、ハラハラさせられたり
どんどん距離を縮めていくマティアスとの関係にドキドキしたり・・・


こういう、旅先での出会いがある一人旅は、憧れます。

3年前の夏に、電車でのひとり旅をしましたが
所詮近場で、そんなに高くないビジネスホテルでの一泊だったし
旅先での出会い、というのはなかったんですよね^^;


どこかに行きたいなぁ。。。


スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。