2017 / 04
≪ 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)
(2010/01/27)
万城目 学

商品詳細を見る


直木賞候補にもなった、現時点での万城目さんの最新の小説です。

━─━─━─━─━─
かのこちゃんは小学一年生の元気な女の子。
マドレーヌ夫人は外国語を話す優雅な猫。
その毎日は、思いがけない出来事の連続で、
不思議や驚きに充ち満ちている。
━─━─━─━─━─

内容を全く知らず手に取りました。
「マドレーヌ夫人」という優雅な名前に
どこかの奥様??と思っていたら
まさか猫ちゃんだったとは、びっくりです。


かのこちゃんは、小学1年生になりたてで
家では玄三郎という犬を飼っていました。
あるゲリラ豪雨の日、その玄三郎の犬小屋に迷い込んできた猫が一匹。
しばらく経っても、家を出て行かないこの猫を
飼うことに決めたかんこちゃんは
「マドレーヌ」という名前をつけます。

このマドレーヌは、実は外国語を話せる猫。
犬である玄三郎の言葉が分かるのです。

マドレーヌがかのこちゃんの家に迷い込んだ日
自分も雷が苦手にもかかわらず、
猫の毛は、水が苦手だからと、追い出さずにいてくれた玄三郎を慕い
二匹は互いを思いやる夫婦になったのです。


季節は、夏。
新しいことを知るのに夢中で
おともだちとうまくいったり、いかなかったり
せわしい毎日を送っているかのこちゃんと
猫らしく、優雅な日々を送るマドレーヌ夫人の物語です。


それぞれの日常を描いた作品なのかな、と
淡々と油断して読んでいました。
特に疑問を持つこともなく・・・

そして、第四章の表題作で
「!!!」となりました。
そ、そういうことかぁ・・・。

という風に、最後に驚かされもしましたし
かのこちゃんの小学1年生ならではの発想の豊かさ
毎日がキラキラしている様子を
すごく楽しんで読んでいました。

難しい言葉の言い合いっこ!
かわいらしいです。
小学1年生の語彙なもんだから
「コエンザイムQ10」「オバマ大統領」もOK。
かといって大人顔負けの「刎頸の友」だなんて言おうものなら
「そんな言葉はない!」とやんややんや言われ・・・

かわいいなぁ、とほほえましく読んでいました。


小学生の読書感想文に良さそうだなぁという一冊。
ちょっと背伸びした、新書という本の形態ながらも
中身はとても優しいお話です。
スポンサーサイト

【No title】
本当に面白くあっという間に読んでしまいました。
可愛いお話で、心地よかったです。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
【Re: No title】
>藍色さん

TBありがとうございました。
最近読んだ江國香織さんのエッセイの中に
彼女がこの本を読んだという記述をみつけ、
好きな作家さんが自分と同じ本を読んでいることに、とても嬉しくなりました。

万城目さんの新作も、そろそろ読みたいですね♪
この記事へコメントする















その毎日は、思いがけない出来事の連続で、不思議や驚きに充ち満ちている。書き下ろし長編小説。 かのこちゃんは小学一年生の元気な女の子。マドレーヌ夫人は外国語を話す優雅な猫 ...

みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。