2017 / 05
≪ 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


県庁おもてなし課県庁おもてなし課
(2011/03/29)
有川 浩

商品詳細を見る


有川さんの最新刊♪
発売日買いしたものの、持ち歩いて傷つけたくなかったので
大事に大事に読みました、笑

本書の初版分の印税は、東日本大震災の義援金として寄付されるそうです。


━─━─━─━─━─
地方には、光がある―
物語が元気にする、町、人、恋。

とある県庁に突如生まれた新部署“おもてなし課”。
観光立県を目指すべく、若手職員の掛水は、
振興企画の一環として、地元出身の人気作家に
観光特使就任を打診するが…。

「バカか、あんたらは」。

いきなり浴びせかけられる言葉に掛水は思い悩む
―いったい何がダメなんだ!?

掛水とおもてなし課の、地方活性化にかける苦しくも輝かしい日々が始まった。
━─━─━─━─━─

舞台は高知県!有川さんの出身地ですね♪
地元の人の言葉は、全て方言で書かれているので
若干、とっつきにくくはありましたが、語尾に特徴がある程度なので
慣れてしまえば、支障にはなりません。


観光立県を目指し「おもてなし課」を設立したはいいものの
なかなか、これ!といったアイデアが出ず
迷走するおもてなし課。

観光特使を依頼した地元出身の作家、吉門に
色々とアドバイスをもらいつつ、奮闘する物語、です。
もちろん、有川さんなので
登場人物達の人間関係模様も、見逃せませんよ!!


とりあえず、この作品を読んで
高知には行きたくなってしまいました♪
特に馬路村には惹かれますね~

民間とお役所の感覚の違いなど
リアルに描かれていて、面白いです。
文章もテンポがいいので、ぐいぐい読んでしまいます。


有川作品には、もはや定番という感じの
物事の核心をズバズバついてくるキャラクター。
今回は、吉門がその役を担っていたようで。。。

若干、その定番パターンも
いかがなものかと思っていましたが・・・

この吉門さん!
いつものズバズバキャラとは違い、
後半は、いきなり人間くさくなってしまってしまいます、笑
そのギャップに、主人公の掛水ならずとも
きゅん♪とさせられてしまいまして・・・

「シアター!」シリーズの司兄ちゃんと
かぶっている感が最初はあっただけに
後半、その豹変ぶりが、すごく良かったです。

色々相変わらず胸を締め付けられるのですが
今回、私が一番涙腺がキケンだったのも
吉門のエピソード。

未読の方のため、詳細は伏せますが
彼が子どもの頃、父親に買ってもらったものを思い出すエピソードが
それまでの物語の流れもあって、すごく切なかったです。



やっぱり好きだ!有川さん!!


来週には、ようやく!ようやく!!!
図書館戦争シリーズの文庫が出ます♪
阪急電鉄は現在「阪急電車」の装飾一色です。
映画公開も楽しみ♪(見に行く予定はたってませんが。。。)
しばらく、有川さん熱が続きそうな予感です( ´艸`)♪
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。