2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


SOSの猿SOSの猿
(2009/11/26)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


読売新聞夕刊に連載されていた、伊坂さんの作品です。
連載時に、しばらく追いかけて読んでいたのですが
やはり、夕刊という性質上、毎日でなかったので
いつのまにか未読分が溜まり、とうとう挫折。
ようやくこのたび、単行本で一気にまとめて読みました。

━─━─━─━─━─
ひきこもりの青年の「悪魔祓い」を依頼された男と、
一瞬にして300億円を損失した
株誤発注事故の原因を調査する男。

そして、斉天大聖・孫悟空――。

物語は、彼らがつくる。
伊坂幸太郎最新長編小説。
━─━─━─━─━─

「私の話」と銘打たれたお話は
家電量販店でエアコンを売る傍ら
「悪魔祓い」という副業を持つ、遠藤青年のお話。

親戚のお姉さんに、引きこもっている自分の息子のことを相談され
人のSOSを敏感に感じ取ってしまう遠藤青年は
それを放っておかれず・・・
くだんの引きこもり青年に会いに行くことに。


「猿の話」という、平行に語られるもう一方のお話。
これはどうやら”猿”が
五十嵐真という男の話をします。

真面目が服を着て歩いているような五十嵐。
証券会社の株誤発注事故を、徹底的に調査していくと・・・


二つのお話が、どういう風に絡んでいくのか・・・!?
そのカラクリはなかなか新しかったです。


でも、なかなか馴染めなかった・・・。
結局、どうして孫悟空が、ここまで取り上げられているのか
イマイチ理解できなかったし
伊坂さん独特の、味のある会話文も
あまり楽しめなかったですねぇ。
印象に残る脇役、というのが、珍しくいなかったです。


それでも、最後まで読み進めていくと
最初に、しょうもないエピソードとして語られていたあることが
終盤、思いも寄らない形で再登場!!
その見事な再登場の仕方には
「陽気なギャングが地球を回す」に既視感を覚えました。


が・・・やはり、この作品は
私好みじゃなかったです。。。
「!」ってなるところも確かにあるんだけれど
やはり違和感がどうしてもぬぐえない作品でした。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。