2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パーク・ライフパーク・ライフ
(2002/08/27)
吉田 修一

商品詳細を見る


吉田修一さんの芥川賞受賞作品を読みました。
既に文庫化もされている作品です。

━─━─━─━─━─
停車してしまった日比谷線の中で、
間違って話しかけた見知らぬ女性。
知り合いのふりをしてくれた彼女は同じ駅で降り…。

東京のド真ん中「日比谷公園」を舞台に
男と女の「今」をリアルに描く、第127回芥川賞受賞作。
━─━─━─━─━─

表題作と「flowers」の2編収録です。


個人的には、吉田さんの作品は
「すごく好き!」と思える作品と
「なんか今回はいまひとつ」という作品にくっきり別れます。
今回は、残念ながら後者でした。

「すごく好き!」と思うのは
「悪人」「東京湾景」「横道世之介」など
ほとんどが、長編小説なんですよね。

本作は、中編2編だったのもあってか
なかなか肌に合わなかったです。
さらっと始まり、さらっと読み終わってしまいました。


「パークライフ」はそれでもまあまあ好き、と思えた作品。
ひょうんなことから出会った男女が
きちんと約束するわけでもないけれど
それでもほぼ毎日、顔を合わせるようになり・・・
というお話でした。

東京でも、こんなことあるんだなぁ~と
「東京モンは冷たい!」というゆがんだ固定観念のある関西人としては(笑)、
意外に感じながら、読み進めたお話でした。

余韻が素敵なお話です。


「flowers」は・・・
たぶん、自分が主人公達のような生活を許せないので
馴染めなかったです。

いくら、共働きしているとは言え
月に一度、若い夫婦が高級ホテルに泊まる贅沢、なんて
私には・・・価値観の違いなんでしょうけど、理解が出来ないし

結婚したからといって、妻が家に閉じこもるのは良くないと思うので
主人公の奥さんが、外の世界を求めるのは、分かるのですが
どんどん羽目を外すようになって、ヒヤヒヤするし

主人公も主人公で
付き合い方が難しい相手だとは思うけれど
会社の先輩に振り回されてばっかで・・・

感情移入も出来ないし、憧れることも出来ないお話だったので
私には消化不良のお話でした。


うん、やっぱり吉田さんの作品は長編が好き。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。