2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


叫びと祈り (ミステリ・フロンティア)叫びと祈り (ミステリ・フロンティア)
(2010/02/24)
梓崎 優

商品詳細を見る



今年度の本屋大賞第6位入賞作品を読みました。
今作がデビュー作という作家さん、梓崎さんはもちろん
初めましての作家さんです。

━─━─━─━─━─
砂漠を行くキャラバンを襲った連続殺人、
スペインの風車の丘で繰り広げられる推理合戦、
ロシアの修道院で勃発した列聖を巡る悲劇…
ひとりの青年が世界各国で遭遇する、数々の異様な謎。

選考委員を驚嘆させた第五回ミステリーズ!
新人賞受賞作「砂漠を走る船の道」を巻頭に据え、
美しいラストまで一瀉千里に突き進む驚異の連作推理誕生。
大型新人の鮮烈なデビュー作。
━─━─━─━─━─

「砂漠を走る船の道」「白い巨人」「凍れるルーシー」
「叫び」「祈り」の5編収録。
「白い巨人」「叫び」「祈り」は、書き下ろしのお話です。

「砂漠を走る船の道」から「叫び」までの4編は
世界各地を旅する主人公:斉木が
訪れた先で出会う事件を描きます。

事件が起こるような雰囲気はなく
ある瞬間、突然に事件は起こります。
「なぜ、この状況下で起こったのか?」ということが
ハウダニット以上に不思議に思わせてくれるので
普通の推理小説とは、雰囲気の違う作品です。

そうした中で、個人的にやはり際立っていたのは
「砂漠を走る船の道」でしょうか。
展開もさることながら、文章も本当に美しくて
世界観に一気に引き込まれました。


と、なかなかの良作なのですが
個人的には「祈り」がちょっと残念。
一冊にまとめるにあたって、むりやりこういう展開にしたようにしか思えず
それまでの4編とは、いきなり雰囲気ががらりと変わってしまったので
ちょっと残念でした・・・。

とはいえ、この「祈り」で結ぶために
「白い巨人」も書かれたのか、と思うと
良い構成だなぁと感嘆。


これが今年の6位ですか・・・。
ようやく、入賞作品が続々と手元にやって来ているので
他の入賞作品と、今後はどんどん比べていきますよ♪
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。