2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ペンギン・ハイウェイペンギン・ハイウェイ
(2010/05/29)
森見 登美彦

商品詳細を見る


本来はフォルムカードご紹介の日なのですが・・・
GW遊びほうけた結果
図書館から借りた本の返却期限が迫っているので
今日だけ、本のご紹介★

森見さんです。
今年度の本屋大賞の3位入賞作品です。

━─━─━─━─━─
小学四年生のぼくが住む郊外の町に
突然ペンギンたちが現れた。

この事件に歯科医院のお姉さんの不思議な力が関わっていることを知ったぼくは、
その謎を研究することにした。

未知と出会うことの驚きに満ちた長編小説。
━─━─━─━─━─

森見さんの「新境地」と、帯には書かれている作品です。

読み始めてみると、いつもの森見作品に見受けられる
ちょっと変に畏まった人物が主人公。
ただし今回の主人公は小学四年生で
舞台も、京都ではなく郊外の町。

研究熱心で、昨日の自分を常に上回らんと
日々努力する少年:アオヤマくん。
彼は常にノートを携え
様々な研究活動に、熱心に取り組んでいます。

その相棒、ウチダくんと共に
時に、クラスのガキ大将のスズキくんに、
ちょっかいを出されてしまうけれど
彼らはめげずに研究しています。

今回、アオヤマくんが研究するのは
町に突然現れたペンギンの謎について。
どうやら、歯科医院に勤めるお姉さんが関わっているようだけど・・・?


というお話が、アオヤマくんの視点で語られていきます。
かなり大人びた小学四年生の語り口に
読み始めは、いつもの森見さん(「四畳半神話体系」のような)を
思い浮かべるのですが
読み進めると、なんだかやはりいつもと違う感じ・・・。


なぜ、ペンギンは現れたのか?
そして、そこから派生する
町に起こる様々な不思議な現象の数々について。

このあたり、私的には中盤以降
村上春樹さんに近いものを感じながら読んでいました。

読者には、なんだかわかりそうで、でもハッキリとは分からなくて
一応、最後にはこの謎の決着シーンもあるんだけれど
なんだかよく分からないまま終わってしまう感じ?
「1Q84」や「海辺のカフカ」に見られるような雰囲気と
近いものを感じました・・・。

私が結局、その辺りの謎解きよりも
人間関係や感情の動きを中心に読んでいたせいかもしれませんけどね。

ゆえに、最後の一文は、切なかった―――!!
いい一文です。


読書体験という目であれば
この作品は、大賞よりも勝っているとは思うけど
普段、本を読まない人にお勧めするときの「わかりやすさ」を重視するなら
やはり、今年度の大賞はこの作品よりも勝っていそうです。

個人的には、ひいきの作家さんである森見さんの
新境地に触れられたことに満足。
どちらかといえば、いつもの森見さんの方が
分かりやすいし、バカバカしくて好きなんですけど
そればっかりじゃぁ、いけないですものね。

また今後、どのような作品が読めるか楽しみです
スポンサーサイト

【No title】
普段とは違う舞台で繰り広げられるお話にちょっと戸惑いましたが、
やはり面白かったです。
トラックバックさせていただきました。
【Re: No title】
>藍色さん

たしか「森見登美彦の新境地」という言葉が、帯かなにかにあった作品ですよね。
ひたすら京都ばかりを舞台にしても、ワンパターンになってしまうので
普段と違う舞台のこの作品は、私はむしろ歓迎して読みました。
ほっと文庫の「郵便少年」は、この作品のスピンオフ的な作品なので
機会があれば是非どうぞ。
この記事へコメントする















小学四年生のぼくが住む郊外の町に突然ペンギンたちが現れた。この事件に歯科医院のお姉さんの不思議な力が関わっていることを知ったぼくは、その謎を研究することにした。未知と出会うことの驚きに満ちた長編... ...

みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。