2017 / 04
≪ 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


WILLWILL
(2009/10/05)
本多 孝好

商品詳細を見る


本多孝好さんです。
「MOMENT」の続編というか、スピンオフというか。
「MOMENT」の主人公、患者の願いを叶えていた神田のそばにいた
葬儀屋、森野のお話です。


━─━─━─━─━─
18歳のときに両親を事故で亡くし、
家業の葬儀屋を継いだ森野。

29歳になった現在も、
古株の竹井と新人の桑田、2人の従業員とともに、
寂れた商店街の片隅で店を経営する。

アメリカに住む幼馴染の神田とは、時折電話で話をする。
かつて甘美な関係を築いた彼との今後については、
彼女自身が結論を先送りにしたままだ。

日々淡々と、社長としての務めを果たす森野のもとに、
仕事で関わった「死者」を媒介にした、
数々の不思議な話が持ち込まれてくる――。

森野葬儀店に依頼された、高校の同級生・杏奈の父親の葬儀。
その直後に安奈のもとに届いた“死者からのメッセージ”。

一度家族のもとで執り行われた老人の葬儀を
「自分を喪主にしてやり直して欲しい」と要求する女。

十数年前に森野の両親が葬儀を行った男性の妻の元に
通いつめる“夫の生まれ変わり”の少年――

「死者」たちが語ろうとするものは何なのか?
それぞれに潜む「真実」を、森野は探っていく…。
━─━─━─━─━─

そんなわけで「MOMENT」から、7年後の物語です。

上述、3つの依頼を中心とした中編3編。
どれも、簡単に解決できそうでできない、
そんな厄介ごとです。


なのです。
予想外のところから真実が見え出すので
単に「MOMENT」の続編だから♪というわけでなく
前作を知らなくとも、変わった設定のミステリとして
純粋に楽しめます。

一話一話が完全に独立しているわけではなく
一冊を通して、大きな物語になっていたところも
読み終えてから、思わず嬉しいため息。

愛が溢れているんです。色々なところから。
すてきです。

話はミステリで、各話面白いし
登場人物もそれぞれクセがあって、楽しいし
(私のお気に入りは、従業員の桑田くんでした♪)
でもやっぱり、エピローグが秀逸☆

前作「MOMENT」を読んだのがかなり前なので
この本の最後の二行が、前作で触れられていたか、覚えていないのですが
きっと、初めて明かされたことですよね。。。
うん、素敵。

おすすめです。
前作を既読の方は是非♪
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。