2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


眠り姫とバンパイア (ミステリーランド)眠り姫とバンパイア (ミステリーランド)
(2011/03/17)
我孫子 武丸

商品詳細を見る


久しぶりのミステリーランドです。
読書ブログを徘徊していて
刊行が再開されたことに最近ようやく気づきました^^;


━─━─━─━─━─
母とふたり暮らしの小学5年生・相原優希は、
居眠りばかりしてしまうので、子供の頃から
「眠り姫」と呼ばれていた。

居眠り癖もあり学校になじめない優希を心配した母は
お姉さん代わりの家庭教師をつけていたが、
大好きだった美沙先生はアメリカへ留学することに。

その代わりの新しい家庭教師・荻野歩実に、
優希は大切な秘密を打ち明ける。
その秘密とは、父親が3年ぶりに会いに来てくれた、というものだった。

母とふたりで暮らしている理由を知らなかった歩実は、
前任の美沙に事情を聞いてみるのだが…。
父は本当に戻ってきたのか?
家族に秘められた謎とは。
━─━─━─━─━─

小学生の優希の視点
男子大学生、歩実の視点で交互に描かれる作品です。

優希の父親は、3年前に交通事故で亡くなっているそうですが
優希は「パパが会いに来てくれた!」と歩実に主張。
実際、優希の視点では、父親が家にやってくるシーンも描かれます。
が、そのシーンで漂う雰囲気は、どこか怪しげ・・・

折しも、優希の学校では、不審者やバンパイアの噂があり
会いに来るときの父親は、まるで噂になっているバンパイアのよう・・・


一方の歩実は、客観的な視点で
優希の主張の真偽を確かめようとします。

まさか、バンパイアになって会いに来る・・・はずがない
友人で、優希の前任の家庭教師の美沙に尋ねたり
図書館に、父親が遭った事故の記事を探しに行ったり・・・・


という展開で、最後まで常に
父親はバンパイアとして、本当に優希に会いに来たのか?
という疑問が残ります。

我孫子武丸さんは、有名なミステリ作家さんですが
私は、この作品が初めての出会いだったので
作風も知らず、どんな風に最後はまとまっていくのか
楽しみに読みました。

感想は、きれいにまとまったなぁ、というものです♪


優希が眠り姫であることだけは
「子どもの読み物」として捕らえると、若干強引だったと思いますが
なかなか綺麗にまとまったのではないかと思います。

歩実が推理をし、
実際にバンパイアと対峙!?という場面ではドキドキします♪
考え、そして行動する探偵さんは素敵ですね。
これぐらの、ありえそうでありえない冒険が
子ども心には、一番ドキドキするんじゃないかなぁ、と思います


折しも世間は夏休み!
特定の課題図書がない、読書感想文の宿題がある子どもさんに
是非、ミステリーランドは読んで欲しいシリーズですね。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。