2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


押入れのちよ (新潮文庫)押入れのちよ (新潮文庫)
(2008/12/20)
荻原 浩

商品詳細を見る


荻原さんの短編集。
新潮文庫のキャンペーンきっかけで、手に取った一冊です。

━─━─━─━─━─
失業中サラリーマンの恵太が引っ越した先は、
家賃3万3千円の超お得な格安アパート。
しかし一日目の夜玄関脇の押入れから
「出て」きたのは、自称明治39年生れの14歳、
推定身長130cm後半の、かわいらしい女の子だった(表題作「押入れのちよ」)。

ままならない世の中で、
必死に生きざるをえない人間(と幽霊)の
可笑しみや哀しみを見事に描いた、
全9夜からなる傑作短編集。
━─━─━─━─━─

ちょっぴり怖い短編集です。
急にぞぞぞっとなるお話が多いので
夏にはよく合う一冊ですね。
怖いとまでは行かなくても、すっかりだまされながら読み進んでいて
急に展開がころっと変わるお話が多かったです。


表題作「押入のちよ」。
ちよが幽霊として出現することは、そんなに怖くないのですが。。。
そこでそうきますか!?という展開があり
びっくりです。


個人的に怖かったのは「介護の鬼」。
これは、介護疲れした嫁が、義父に虐待をするお話・・・
なんか、ありそうじゃないですか
高齢社会となっている日本・・・
行方不明の高齢者のニュースが世間を騒がせましたし
この話が、ありえないだろうと思いながらも
怖かったですね。。


そんななか、ほっこりするのは「コール」。
全く予想していなかった展開だったので
急転した際に、数頁戻って、色々確認しちゃいました。
まったく気づいていなかったので「やられた!」と思いますね^^;


読書慣れしている人には、後々の展開の予想がつく話もありますが
(私は「お母様のロシアのスープ」「殺意のレシピ」はすぐにわかっちゃいましたし)
必ず一編は「やられた!」という作品がありそうな短編集。

短編集なので、さくっと読めますし、おすすめです。

スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。