2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ほっと文庫 ゆず、香るほっと文庫 ゆず、香る
(2011/08)
有川 浩

商品詳細を見る


8月上旬に発売された「ほっと文庫」。
短編小説と、入浴剤がセットになった商品です。

公式HPはこちら

この製品のリリースは、初夏頃に確かあったはず。
アナウンスされた作家陣を見て
有川さんと、森見さんは、是が非でも欲しい♪ と思っていました。

明確な発売日が発表されないまま
発売されたことに気づいたのは、8月10日。
mixiの有川さんコミュニティで
「在庫情報」のトピックがたてられていたのがきっかけです。

どうやら、トピックを読んでいると
早くも入手困難・・・?

その日の夕方、大阪梅田の書店をハシゴしましたが
公式HPに取り扱いあり、と書いてあった、三省堂ルクア店は
有川さんは既に売り切れ。
その後、近隣の大型書店をハシゴしても、見つかりません。。。

結局手に入れたのは、Loftさん。
陳列前だったみたいなので、取り置きをお願いし
何とか入手することができました。

翌11日、すぐにひきとりに行ったのですが
既に、店頭からは有川さんの分だけ売り切れ・・・。

有川さんの人気を、再確認。
後にも先にも、こんなに入手に難儀する本はないだろうなぁ・・・


━─━─━─━─━─
大学の英会話サークルで出会った彼女と彼は、
付かず離れずの微妙な距離感。
お互い社会人になった今も
数ヶ月に一度、友人として曖昧な時間を過ごす。

彼女のグラスは、今夜も
故郷の名産品”ゆず”のお酒。
そんなふたりにも、巡る季節は変化を運ぶ……

今宵ふたりに、恋、香る。
━─━─━─━─━─

小説は、32ページの短編小説です。

「県庁おもてなし課」→、を既読の人には
ちょっとした既視感。
あの村出身の女子が、ヒロインです。


なんでそこまで仲が良いのに
付き合っていないの!? っていう男女、いますよね。
そんな二人の物語です。

短編なので、あまり多くを触れられないのが残念。
少しでも触れてしまうと、ネタバレにつながってしまいそうで・・・。

いつもほど、ベタベタに甘いわけではなく
レーベルのコンセプト通り
ほっ、とするそんなお話でした。

最後が若干、書きすぎな気もするんですけどね~・・・。
ラスト8行は、なくても良かったかもしれない、とも思います。


しかし、またこの村を素材に作品を書かれるとは
有川さん・・・ネタ切れ?と
ちょっと心配してしまいました。
売れっ子になって、忙しいのかなぁ~・・・。



おそらく、品薄な状態が続いているのではないかと思いますが
通販で、入手のメドが立ったという声もチラホラ聞きますので
興味のある方は、諦めずに探してみて下さいね。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。