2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


傷物語 (講談社BOX)傷物語 (講談社BOX)
(2008/05/08)
西尾 維新

商品詳細を見る


物語シリーズの2作品目です。
化物語で語られた、阿良々木くんの高3の1学期の出来事。
それより前のお話。
化物語で何度か触れられていた「春休みの出来事」のお話です。

━─━─━─━─━─
高校生・阿良々木暦は、ある日、
血が凍るほど美しい金髪の吸血鬼と出遭ってしまった…!?

彼女がいなければ、“化物”を知ることはなかった―
『化物語』の前日譚は、ついにそのヴェールを脱ぐ。
━─━─━─━─━─

2012年に映画公開が決定しているという本作。
第零話「こよみヴァンプ」を収録。

冒頭ではっきり「バッドエンド」と前置きされる物語です。


高校2年生の修了式の日、明日から春休みという日。
阿良々木くんは、それまでは名前も知らなかった学年位置の優等生
羽川翼と初めて言葉を交わし
この街に、吸血鬼が出るという話を聞きます。

そしてその日の夜
外出してしまった阿良々木くんは、本当に
吸血鬼に遭遇―――

キスショット・アセロラオリロン・ハートアンダーブレード、
と名乗る、美しい女吸血鬼は
四肢を、バンパイアハンターに奪われてしまい、瀕死の状態。
阿良々木くんは彼女を助けるために、自分の死を覚悟して
自分の血を吸わせます。

ところが、彼は彼女の眷属になってしまい――
眷属、つまりは阿良々木くんも吸血鬼。
太陽の光の下を歩ける体に非ず―――

奪われた四肢を取り戻してきたら
人間に戻してやる――
そう、キスショットと約束した阿良々木くんは
忍野、そして羽川の力を借りて
バンパイアハンターに立ち向かうけれど!?

というお話です。



西尾維新作品にしては、きちんとした起承転結があって
あまり彼独特のクセも見当たらず、
面白かったです。


「転」以降が、本当に面白かったですね。
3人のバンパイアハンターを、なんとか倒した後で
まだまだたくさんページが残っていたので
まぁ何かあるだろうとは思っていましたが・・・

なるほどなるほど♪


3人のバンパイアハンターとの戦闘など、バトルシーン満載!

阿良々木くんのツッコミ満載の会話は、化物語ほどはありませんが
羽川との体育倉庫とのシーンなどは
なんでそうなるのかなぁ、と変な意味ではなくニマニマしながら読めるし

楽しかったですね♪


しかし・・・

ここまで羽川に色々お世話になっておきながら
戦場ヶ原と付き合うか!?阿良々木くん!!
と、羽川に同情を禁じ得ません。

羽川は、すごいです。
こんなまっすぐなキャラクター、今まで読んだ西尾作品にいたかなぁ・・・
なぜ、彼女がヒロインではないのだろう、と思ってしまうぐらいです。
戦場ヶ原は戦場ヶ原で、ツンデレぶりが楽しいのですが
ここまで一生懸命な羽川が、報われていないことが
その後のストーリーを知っているだけに
若干悲しくもなってしまうお話でした。

でも、物語シリーズはまだまだ続きがたくさん出ているので
阿良々木くんと戦場ヶ原、羽川の関係が
この後どう変化していくのか、まだまだ楽しみに読みたいところです。


しかし、この作品・・・
本当に、映像化していいのかしら???笑
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。