2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フラッシュ・ポイント―天命探偵 真田省吾〈4〉フラッシュ・ポイント―天命探偵 真田省吾〈4〉
(2011/06)
神永 学

商品詳細を見る


真田シリーズ4冊目です。
既刊分に追いつきました。

━─━─━─━─━─
チームワーク抜群の真田たちを
一発の銃弾が引き裂いた―

驚愕の展開に目が離せないシリーズ第四弾
━─━─━─━─━─

あっさりすぎるBOOKデータベースなので、補足。

今回もいつも通り、夢で人の死を予見する志乃から始まります。
志乃が今回見た夢は、事務所の所長・山懸が
誰かと一緒に居るシーン。
その「誰か」が、狙撃されてしまう夢を見ます。

すぐにその人物の似顔絵を描いて、山懸に示し
その男、三井の死を防ごうとする事務所一同。
しかし、この三井は、とある計画に携わっていて・・・

というお話です。

今年6月の初版で、書き下ろしで、この内容・・・
冒頭で触れられているので、明かしますが
昨秋に世間を賑わせた、海上自衛隊の映像流出。
あれがどうやら下敷きになっているのでは、と思えました。

細かい設定は違うんですけれどね。
作中は、海上保安庁(=海の警察)で
去年起きたのは、海上自衛隊(=海軍)の出来事ですが
作者が、この出来事を取り上げて、読者に伝えたかったこと、というのは
十分に伝わってきます。

なるほどとは思うのですが
そのあと、我々一般市民はどう行動すればいいんでしょうかね・・・。
同じ考えをもつ政治家へ投票すること?
でも、政治家のマニフェストって、選挙の時は見たとしても
正直、その後、マニフェストがきちんと実行されてるかどうかまでは
私は目を向けていないのが現状です・・・。
こういう意識だから、ダメなんですよね。


テーマ性がすごく伝わってきたのが良く
考えさせられる作品ではありましたが
主要人物たちが繰り広げる展開は・・・うーん。

ラストシーンが、話を広げるだけ広げておいて
ずいぶんあっさりだったのが、物足りなかったです。
終盤にいくにつれ、残りのページ数がどんどん減るのに
展開だけは、どんどんピンチになっていって
これで本当に決着がついて、エピローグもあるの?
と心配していた予感が、的中してしまいました・・・。

これは残念です。
中盤まで楽しかったのが、一気に減点されてしまいました。
もうちょっと、厚くしてほしかったなぁ・・・。

今回、志乃が諸事情で戦線離脱していますが
彼女の夢なしでは、物語が始まらないシリーズなので
彼女の復帰に関しては心配していない一読者です。

真田が312Pでいう「子どもじみた願望」、
展開されなくて良かったと、個人的には思いました。
そんなベタベタな展開は勘弁・・・

さて、志乃はどうやって戻ってくるのか
5巻が楽しみですね。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。