2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


獣の奏者 (3)探求編獣の奏者 (3)探求編
(2009/08/11)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


獣の奏者、第3巻です。
まだ文庫化していないのかしら?
重くてとても持ち歩けず、家でちまちま読んだので、時間がかかってしまいました。

━─━─━─━─━─
あの“降臨の野”での奇跡から十一年後―。

ある闘蛇村で突然“牙”の大量死が起こる。
大公にその原因を探るよう命じられたエリンは、
“牙”の死の真相を探るうちに、
歴史の闇に埋もれていた、驚くべき事実に行きあたる。

最古の闘蛇村に連綿と伝えられてきた、遠き民の血筋。
王祖ジェと闘蛇との思いがけぬつながり。
そして、母ソヨンの死に秘められていた思い。

自らも母となったエリンは、すべてを知ったとき、
母とは別の道を歩みはじめる…。
━─━─━─━─━─

2巻でのラストシーンから11年後の物語。
あれから、エリンはイアルと結婚し
今は8才になる息子をもうけ、家庭を築いていたようです。

一方の国政のほうはというと
真王は、大公と結婚し、一男一女をもうけ、さらに3人目を妊娠中。
仲むつまじくやっているように見えて、しかし周囲は
臣下だった大公と結婚したことに、不満を持つものもおり・・・。



前作から間を開けずに読むことが出来たので
各々の思惑をきちんと理解しながら読めたのは良かったです。
やはり、細やかな設定をしているシリーズものは
一気に読み進めるに限りますね^^;

前2冊で、分かりそうで分からなかった闘蛇の詳細が
エリンが「牙」と呼ばれる戦闘種の大量死を調べることで
少しずつ明らかになってきます。
1巻冒頭でエリンの母・ソヨンが色々と含んでいたことを
ようやく理解していくエリン。

いやぁ・・・この3巻が執筆予定ではなかったというらしいのに
このつながりよう、設定はすごいですね。

強い生き物の育成の裏には、色々な秘密が隠されており
それを知りたいと思うエリンでしたが
国に迫る危機に巻き込まれてしまい・・・


後半、イアル&ジェシの冒険の話は楽しかったです。
手に汗握る展開で、一気に読めてしまいました。

ただなんだか・・・エリンが一人で行動しようとしたのは
自分にはちょっといただけなかったです。
たとえ、イアルとそれを共有していたとしても
やっぱりもっと家族を大事にしてほしかったなぁと
ちょっと思ってしまいました。
巻き込みたくない!という気持ちは勿論分かるんですけどね。
だけど、家族じゃない!!

まぁだからこそ、あんな劇的な再会シーンがあるんでしょうけどねぇ。
イアルがめちゃめちゃかっこいい!!
そんなアツイ人じゃないイメージだったのに、愛を感じましたねぇ♪


ラストの完結編
本意ではないと思われる道を、3巻ラストで選択したエリン。
物語がどう完結するのかが、とても楽しみです。
血生臭くなりそうな気配もありますが
ハッピーエンドを迎えることを期待しています。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。