2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


結婚詐欺師〈上〉 (新潮文庫)結婚詐欺師〈上〉 (新潮文庫)
(2004/01)
乃南 アサ

商品詳細を見る

結婚詐欺師〈下〉 (新潮文庫)結婚詐欺師〈下〉 (新潮文庫)
(2004/01)
乃南 アサ

商品詳細を見る



実際読んだのは、幻冬舎文庫なんですけれど
見当たらなかったので、新潮文庫から引っ張ってきました。

━─━─━─━─━─
小滝橋警察署に勤務する阿久津は、三十一歳のホステスから、
結婚を約束した男と急に連絡がとれなくなったと相談を受ける。

彼女はその男橋口に大金を渡していた。

彼は携帯電話、ポケベルを駆使して、
色々な男になりすまし、
言葉巧みに結婚をちらつかせて
同時に何人もの女性から金を騙し取る、結婚詐欺師だった。

阿久津たちの地道な捜査が始まった。
━─━─━─━─━─

物語の大筋は、非常に単純なんです。

警察署に相談
  ↓
捜査開始
  ↓
犯人逮捕

ただ、最後の犯人逮捕に至るまで
結婚詐欺師・橋口は、何人もの女性を騙します。
様々な手法を用いていたり
時に、危ない橋をも渡るので、飽きさせません。

彼の手口は、被害者と同性の私が
”こいつは悪い奴!”と分かっていながらも
読んでいて、非常に鮮やかに感じるものです。
結婚・・・、パートナーのいる生活を欲している女性の心の隙を
鮮やかにつく手口。
女性作家さんだから、ここまで書けるのかしら??


橋口を追う警察・阿久津サイドの物語も
後半からは、ちょっとした人間関係を加えることで
物語がいっそう厚みを増してきます。
上巻読了時点では、こうした展開を予想していなかったので
下巻にて、いきなり加えられたこのスパイスに
私は非常に楽しませてもらいました。


結婚詐欺・・・
いやぁ・・・怖いですね。
まさか自分が・・・だなんて思いませんもん。
わずかな蓄えを巻き上げられる、若い子。
仕事に没頭して、適齢期を逃し、結婚を諦めかけていた働き盛りの人。
老後も一人で過ごすべく、と働いたりしてためた財産を持って行かれる人。
それぞれ、騙されている女性が、可哀想でかわいそうで・・・

だって「愚か」とはいえないです。
どこか、分かるんですよね。被害者達が詐欺師に夢見てしまうのも。
お金を出させられる時点で、自分なら警戒するかな?とは思いますが
恋する乙女の不思議パワーは、何よりも強いですからね・・・

いやぁ
騙されないようにしないと・・・
とはいえ、巻き上げられるほどの財産なんて、
わたくし、持っていませんけどね(笑)
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。