2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チヨ子 (光文社文庫)チヨ子 (光文社文庫)
(2011/07/12)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


しばらく前に本屋さんに並んだ
いきなり文庫化という宮部さんの新作をようやく読みました。

━─━─━─━─━─
五年前に使われたきりで
あちこち古びてしまったピンクのウサギの着ぐるみ。
大学生の「わたし」がアルバイトでそれをかぶって中から外を覗くと、
周囲の人はぬいぐるみやロボットに変わり―(「チヨ子」)。

表題作を含め、超常現象を題材にした
珠玉のホラー&ファンタジー五編を収録。
個人短編集に未収録の傑作ばかりを選りすぐり、
いきなり文庫化した贅沢な一冊。
━─━─━─━─━─

二十年ぶりに、小学生時代の友人と集まる・・・「雪娘」
商店街の玩具屋のおじいさんが気になる・・・「オモチャ」
くたびれた着ぐるみをかぶると、そこから見えたのは・・・「チヨ子」
近所で起きた殺人事件の被害者について調査したいという娘につきあう・・・「いしまくら」
子ども相手の調査をする調査事務所に持ち込まれた以来とは・・・「聖痕」

の5編を収録です。


うーん
期待が大きすぎたかな、という印象でした。

宮部さんが、超能力関連の題材をしばしば扱うことは、承知していますが
私が宮部さんの作品で好きなものが
「模倣犯」「理由」「火車」「レベル7」といった
長編のミステリなので
ホラーな終わり方である作品は、期待はずれでした。

ホラーではない作品にしても
割と序盤からオチが見えてしまったので
残念ながら、個人的には満足度は低かったです。


作風として一番好きなのは「いしまくら」なのですが
こちらは、途中で真犯人がすぐに分かったし

読み応えがあったのは「聖痕」なのですが
こちらは読み進むにつれ、不気味さが増してきて
最後に収録されていて、このお話で終わられるのは
ちょっと読後感が悪かったです・・・。


なんだかんだで表題作「チヨ子」が一番良かったかもしれません。
ちょっとボリュームに不満はありますが
自分が、誰かにこの着ぐるみを通して見られたら
何になるのかなぁ?なんて想像していました。


サンタさんに家までお願いした、ジェニーちゃん?
小学校中学年の頃、大事にしていたテディベア?
いやいや、もはや人生の半分以上一緒に
今も部屋に鎮座ましましている、大トトロ(胴回り100センチ♪)??

トトロだろうなぁ・・・(笑)
まんまるな私の顔も相成って、うん、きっとトトロ★


久々の宮部さんでしたが、ちょっと肩透かしをくらったので
近年に出たものの、まだ未読だった長編に
近々、挑戦予定です♪
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。