2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ホームレス中学生ホームレス中学生
(2007/08/31)
麒麟・田村裕

商品詳細を見る



話題になったのは、3年前。
今更です。
非常に今更ですが、読みました。

━─━─━─━─━─
麒麟・田村のせつな面白い貧乏生活がついに小説に!

中学生時代の田村少年が、ある日突然住む家を無くし、
近所の公園に一人住むようになる超リアルストーリー。
ダンボールで飢えを凌ぎ、
ハトのエサであるパンくずを拾い集めた幼き日々から、
いつも遠くで見守ってくれていた母へ
想いが詰まった、笑えて泣ける貧乏自叙伝。
━─━─━─━─━─

なんとなく知ってはいたものの、映画もドラマも見ていないので
初めてこの作品に触れました。


きちんと、田村さん自身が書かれたんだろうなぁと思います。
ゴーストライターなんて使わずに。

正直、読んでいて文章自体は
やはりプロの作家さんと比べると、今ひとつな所はあるんです。
強調表現に太字を使うのは、やはり
作家を本業としている人では、見受けられない表現ですしね。

でも、だからこそ伝わってくるモノもあるわけで。


映像化した際に「段ボールを食べる」といったエピソードは聞いていたので
改めて、原作を読んで心に残ったというのは
やはり、田村さんの、お母さんへの思い。

しばしば、良くない行動に走ってしまいそうになる田村少年が
折々に触れ、お母さんのことを思い出し
お母さんが悲しむようなことはしない!!と
前向きに進んでいく姿は、読んでいてすごく素敵でした。

大切な人を悲しませない―――
当たり前のことですけれど、人って
切羽詰まってしまうときほど、この当たり前のことを忘れてしまいますからね。


出版がきっかけで、お父さんにも再会できたそうですし
やはり、前向きに頑張っている人の所には
きちんと幸福がやってくるんだと思います。
そういう姿勢は、見習わないといけませんね。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。