2017 / 04
≪ 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


猫物語 (黒) (講談社BOX)猫物語 (黒) (講談社BOX)
(2010/07/29)
西尾 維新

商品詳細を見る


物語シリーズを、引き続き読書中。
次巻「猫物語(白)」までは、ずんずん読む予定ですが
これ以降は、そこそこ図書館に予約が入っているようなので
物語シリーズラッシュも落ち着くかと思われます。

今しばしのおつきあいを。

━─━─━─━─━─
完全無欠の委員長、羽川翼。
阿良々木暦の命の恩人である彼女は
ゴールデンウィーク初日、一匹の猫に、魅せられた―。

それは、誰かに禁じられた遊び…人が獣に至る物語。

封印された“悪夢の九日間”は、
今その姿をあらわにする!
これぞ現代の怪異!怪異!怪異!
知らぬまに、落ちているのが初恋だ。
━─━─━─━─━─

化物語に収録の「つばさキャット」では、今ひとつ語りきられなかった
阿良々木くんと羽川の、ゴールデンウィークのお話
羽川が、猫に魅入られてしまったときのお話です。

時系列としては、阿良々木くんの吸血鬼事件「こよみヴァンプ」の後。
他のヒロインたちとは、まだ知り合う前なので
出てくるヒロインは、羽川と二人の妹たちです。
忍も出てくると言えば出てきますが、まだ「忍」の名前をもらう前のお話です。


前半は、相変わらず妹と遊ぶ阿良々木くん。
今回は、月火ちゃんがよく喋ってくれました。
「つきひフェニックス」では、ヒロインであるにも関わらず
余りに存在感が薄かったので、ようやく活躍?してよかったなぁ、と。

前半の妹たちとの絡みは、若干疲れもしますが
後半は、なかなかシリアスな展開だったと思うので
偏りがありすぎるながらも、個人的には楽しかったです。
やはり、阿良々木くんの馬鹿話がないと、このシリーズは成り立たないと思いますし(笑)


本書の中身は「つばさファミリー」。
羽川家の中身が明らかになります。

フィクションとはいえ、この羽川家の内情はえぐかったですね・・・
触れたらネタバレになってしまうので伏せますが。

高校を卒業したら、大学には進まないらしい羽川なので
それからの人生に幸あれ、と切に願いますね。
温かい家庭を築いて欲しい・・・。

物語上必要な設定とは言え、えぐい設定でした。
同情したら・・・それはまたそれで羽川のストレスになるんだろうなぁ。
ううう・・・



黒は黒で、終わっているので
白でどういう物語が展開されるのかが楽しみです♪
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。