2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マスカレード・ホテルマスカレード・ホテル
(2011/09/09)
東野 圭吾

商品詳細を見る


東野さんの最新刊をようやく読みました。
この本、シリーズ化予定だとどこかで見た気がするのですが
はてさて、その主人公は誰なのか??

━─━─━─━─━─
待望の新ヒーロー誕生! 極上の長編ミステリ

都内で起きた不可解な連続殺人事件。
次の犯行現場は、超一流ホテル・コルテシア東京らしい。
殺人を阻止するため、警察は潜入捜査を開始し・・・。

1行たりとも読み飛ばせない、東野ミステリの最高峰。
━─━─━─━─━─

犯行現場に、謎の数字が残される、という事以外
何も共通事項の見当たらない、連続殺人事件が発生。
残されている数字が、次の犯行現場を指し示していることに気づいた警察は
第4の現場になると思われる、ホテル・コルテシア東京で
潜入捜査を開始する。

捜査一課の新田刑事は
ホテルマンに扮し、フロントに勤務することに。
彼の教育を担当した山岸と最初は対立しながらも
徐々に互いを信用し、協力しあうようになる。

しかしながら、犯人の狙いや、それまでの3つの事件との関連性は
なかなか手がかりがつかめないまま・・・


というお話です。

個人的には、先日
会社が法人契約をしている、都内の某高級ホテルに宿泊させてもらったばかりだったので
コルテシアの雰囲気は、そこをイメージしながら読んでいました。

ホテルには、本当に色々なお客さんが来るんですよね。

禁煙室を指定しておきながら、隠していたタバコに火をつけ
「においがする!」とクレームをつけ、部屋のグレードアップを図る人
特定の従業員に執着する人、などなど・・・

コルテシアにやってくる、風変わりなお客様と
それに如何に対応していくか、というところを
面白く読んでいました。

山岸がいかに対応するかなどを読んでいると
きっとこの辺りのエピソードは、取材を元にしていて
似たようなお客様が、実際に取材元に来たんだろうと思うと、苦笑い。

「お客様がルールブック」の言葉が重かったです。
大変な仕事ですね、本当に。



さて、本題の事件の方はといいますと
正直、受験じゃないですけれど
「答えは本文の中に絶対にある」と思って読んでいたので
犯人が姿を現したとき「なるほどね」という感じで
ビックリした!というほどではなかったです。

犯人の動機のエピソードの隠し方は巧いですし
終盤に登場する演出も、矛盾がなく、見事。
この辺りは、さすが東野さんという感じです。

このレベルの作品を、コンスタントに出し続けている事に
改めて感服の思い。
続きが気になって、一日で一気に読んでしまいました。

しかしまたこれ、
映像化のしやすそうな作品ですね^^;
間違いなくオファーがいってそう・・・


新シリーズと銘打たれていて
新田刑事が主人公では?という感想を多く見かけますが
個人的には、シリーズの主人公に据えて欲しいのは
今回、影で活躍し、まだまだ奥が深そうな能勢刑事。

性格は違えど、刑事といえば、既に加賀さんがいるので
能勢刑事が、いろんな刑事とタッグを組みながら
影ながら事件解決に尽力するというシリーズを
出来れば今後も読んでみたいなぁ、と思いました。
スポンサーサイト

【No title】
最初から、ぐんぐんと物語に引き込まれ、最後まで一気でした。
ホテルマンに関するリサーチがしっかりしているので、
自分が知らない世界を知るという側面もあり楽しめました。
トラックバックさせていただきました。
【Re: No title】
>藍色さん
東野さんの作品は、下調べがしっかりしているので
自分の知らない世界を色々のぞき見できるのも
魅力の1つだと感じています♪
次はどんなテーマで来るのか・・・楽しみですね!
この記事へコメントする















待望の新ヒーロー誕生! 極上の長編ミステリ 都内で起きた不可解な連続殺人事件。次の犯行現場は、超一流ホテル・コルテシア東京らしい。容疑者も、ターゲットも不明。事件解決の... ...

みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。