2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


極北クレイマー極北クレイマー
(2009/04/07)
海堂 尊

商品詳細を見る


チーム・バチスタから一貫して綴られている桜宮サーガの一編です。


━─━─━─━─━─
財政破綻にあえぐ極北市。

赤字5つ星の極北市民病院に、非常勤外科医の今中がやってきた。
院長と事務長の対立、不衛生でカルテ管理もずさん、
謎めいた医療事故、女性ジャーナリストの野心、病院閉鎖の危機…。

はたして今中は桃色眼鏡の派遣女医・姫宮と手を組んで、
医療崩壊の現場を再生できるのか。
━─━─━─━─━─

今回の舞台は、北海道極北市。
主人公の今中医師は、初登場なのかな?私にとっては初めてでした。

桜宮サーガだといち早く気づかせてくれるのは、勿論姫宮の存在。
「ジェネラル・ルージュの伝説」の速水医師も
文中に姿をちらつかせ、エピローグではしっかり名前も登場。
そして何より、今夏読んだ
「ジーン・ワルツ」で登場する産婦人科、マリア・クリニックの
院長先生が心を痛めていた、彼女の息子が巻き込まれた事件を描いています。


地方の医療――
こんなところがあるから、書かれているんですよね・・・

とにかく、作中の描写は目を疑うモノが多かったです。
仕事をさぼる看護師、ゆえに床ずれの絶えない患者
市民病院ゆえに、市役所の意向に従わざるを得ない経営方針

この市役所・・・極北市が
本当にもう、どうしようもない市で
表紙にある観覧車、観光の目玉のこれを週末に稼働させるべく
病院の経費を削減するような体制。

そんな中で、非常勤でやってきて
いきなり外科部長に任命された今中医師が
どう奮闘するか?というとkろおが見物です♪


次々に事件は起きるので、飽きさせずに一気に読ませてくれる中
やっぱり一番面白かったのが、姫宮が登場するシーン。
今中医師は赴任当初、院内の力関係を把握せずに
最初に躓いてしまうのですが
姫宮は・・・!?

彼女は彼女、まぎれもなく姫宮なんです。
名前は出てこないものの、上司(=白鳥)におびえ?ながら
懸命に任務をこなそうとしているだけなんですけど・・・ww

いやぁ
今中医師とのあまりの違いが、とても面白かったです♪


この本で訴えたかった、医療の問題は
地方の医療? 産科の不条理?
どちらもだと思うのですが・・・

地方の医療は、今後の極北市を舞台にした物語を楽しみにしたいです。
正直、「ええええ!?そんなことが本当にあるの!?」と
目から鱗の驚きは与えられたのですが
実際、一市民として何ができるのか、どう意識をもつべきか?
と、考えさせてくれるまでにはいたらず・・・

きっと、知らないよりはマシなんだ。


産科の不条理・・・

やりきれない人の気持ちも分かるけれど
本当に、医師も人間ですからね・・・
多分、お産関係で周りにまだ、悲しい思いをしたことがある人がいないから
どこか他人事で、ゆえにその不条理さも理解。

ただこれは、今後当事者になる可能性が0でない20代女子の私には
もしも実際、直面してしまったなら・・・?

うーん、難しい。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。