2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


道徳という名の少年道徳という名の少年
(2010/05/11)
桜庭 一樹

商品詳細を見る


またまた桜庭さんです。
桜庭さんの本は、あまり予約を

━─━─━─━─━─
「愛してるわ!ずっと昔から…。子供の頃から、愛していたわ!」
町でいちばん美しい、娼婦の四姉妹が遺したものは?(1、2、3,悠久!)

黄色い目の父子と、彼らを愛した少女の背徳の夜(ジャングリン・パパの愛撫の手)、
死にかけた伝説のロック・スターに会うため、少女たちは旅立つ(地球で最後の日)、

―桜庭一樹のゴージャスな毒気とかなしい甘さに
アーティスト野田仁美が共振してうまれた、極上のヴィジュアルストーリー集。
━─━─━─━─━─

大人のための怖い童話、という一冊でした。

ある、美貌の女が生んだ、4人の娘と1人の息子。
この一族の系譜をたどって物語は進んでいきました。

物語の中で長い時間が流れるのは
桜庭さんの好きな構成なのかしら?と
ようやく、そこそこ読んだ数を重ねてきた今、思います。


「黄色い目玉」の遺伝子が、どんどん受け継がれていくのですが
最後に登場した人物が、どうして「黄色い目玉」を持っていたのか
私には非常に不思議でした
(ネタバレにもなるため、気になる方は、来月の「12月まとめ」をご覧下さい)

読書メーターで、他の方の感想を拝見していると
登場人物たちの「愛」が、どこに向かっていたかを
鋭く考察されている方がいらっしゃって、その慧眼に脱帽。

短いお話なので、がっつり感想を述べるのは難しかったのですが
短い作品にも、鋭く見抜く目を私も養いたいですね。。。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















「愛してるわ!ずっと昔から…。子供の頃から、愛していたわ!」 町でいちばん美しい、娼婦の四姉妹が遺したものは?(1、2、3、悠久!)、 黄色い目の父子と、彼らを愛した少女の背徳の夜(ジャングリン・パ... ...

みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。