2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夜行観覧車夜行観覧車
(2010/06/02)
湊 かなえ

商品詳細を見る


久しぶりに湊かなえさんを読みました。
ちょうど、「境遇」のTVドラマを放送する前後
番組のCMを見て「あ。久々に湊さん読みたいなぁ~」と思っていたときに
運命的に出会った一冊です。

━─━─━─━─━─
父親が被害者で母親が加害者――。

高級住宅地に住むエリート一家で起きたセンセーショナルな事件。
遺されたこどもたちは、どのように生きていくのか。

その家族と向かいに住む家族の視点から、
事件の動機と真相が明らかになる。

『告白』の著者が描く、衝撃の「家族」小説。
━─━─━─━─━─

遠藤家と高橋家は、高級住宅地のひばりヶ丘で
それぞれ向かいに住んでいます。

遠藤家の一人娘・彩花は、癇癪持ちで
いつも、些細なことをきっかけに親に対して怒りを表し
大声で暴れているのが、ご近所には筒抜けの状態。

大騒ぎは、遠藤家ではもはやおなじみとなっている中
ある夜、高橋家でも、大きな声で言い争う様子が聞こえてくる
そして・・・!!!



最初は、宮部みゆきさんの「理由」みたいに
第三者の目線から、事件が語られ、解決していく小説かと思いました
が、それにしてはどうも重い・・・

私は、遠藤家の一人娘の、彩花
彼女の持つ負のオーラが、読んでいて辛かったです。


彩花の母親、真弓は家を持つことに憧れていて
高級住宅地ひばりヶ丘に、念願の家を建てた―――
しかし、彩花にしてみれば
高級住宅街の中で、ひときわ小さな家であることが恥ずかしく
引っ越しを機会にした身の程知らずの中学受験は、不合格
肩身の狭い思いで公立中学に通う毎日・・・

学校でもうまく晴らせないこのストレスを
発散するのは、結局、家で母親を相手に癇癪をぶつけること・・・。

彼女は、負のスパイラルにはまってしまっているようで
どんどん卑屈になっていくその姿は
読んでいて、気分の良くないモノでした。

湊さんが書く、人間の暗い部分は、本当に容赦がない。


彩花が、「坂道病」と名付けた、この不安定な状態。
自分だって、自分の家に苛ついたことがないわけではないから
全部ではなくても、そういう感情は分からないでもない・・・
なんて、感じながら読んでいました。
その中で、彩花の行動を「幼いな」と思えた自分は
少なからず、成長できたのでしょうかね。。。
そろそろしていなきゃ、困りますが★


物語には、遠藤家&高橋家の他に
小島さと子、というひばりヶ丘の古くからの住人が
お節介といいますか、野次馬根性で
しかし彼女には彼女なりの理由があって、しばしば登場します。

本当に、このさと子おばあさんは、嫌なヤツに描かれていたんですが
なぜか終盤、ふっと、彼女が良い人間に見えるのが
何とも不思議でした。
それでも最後は、嫌な意地悪ばあさんとして終わりますが
視点が変化することで、印象ってこうも変わるものか、と
不思議な感じが、とても面白かったです。

なんだか最後は綺麗に着地しすぎている感じもしますが
読んでいる間は、決して愉快な気分でもないので
これはまぁ、これでありなのかとも思える一冊でした。

スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。