2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る


2月のmyベストのご紹介です。
読了はずいぶん前。既に続刊の「謎めく日常」も読了済みであったりします。

━─━─━─━─━─
鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」。
そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。
残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り。
接客業を営む者として心配になる女性だった。

だが、古書の知識は並大低ではない。

人に対してと真逆に、
本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、
いわくつきの古書が持ち込まれることも、

彼女は古書にまつわる謎と秘密を、
まるで見てきたかのように解き明かしていく。

これは“古書と秘密”の物語。
━─━─━─━─━─

きっかけは、本屋大賞ノミネート。
面白そうなタイトルだなぁ、と、名前は知っていたものの
レーベルから、ラノベっぽいのかな?と思って
ちょっぴりためらっていた一冊。

全国の書店員さんオススメの後押しを受けて
ようやくこのたび、購入して読みました!


どなたかの読書メーターのコメントで拝見した言葉なのですが
「自分は”読書”が好き」
ということを、痛感した一冊。
”読書”が好きなのと、”本”が好きなのは、
似たようで、実は別モノだと思い知る一冊です。

ビブリア古書堂の店主、栞子さんは
もちろん読書も大好きですが、「本」にまつわる物語に関して
とっても博学なお方。

その知識には、舌を巻きます。
私がせいぜい知っている「本」の知識なんて
伊坂幸太郎さんが、文庫化のときに必ず改稿をしている・・・
(最近は必ずかはちょっと不安・・・)
ぐらいでしょうか?
栞子さん、おそるべしです。


本編は、ワトソン役になる語り手、五浦が
ビブリア古書堂を訪ねるところから始まります。

祖母の遺した「漱石全集」の中の一冊に遺された漱石のサイン。
偽物のサインが描かれたその理由を解き明かす栞子。

これがきっかけで五浦はビブリア古書堂に勤めることになり
本に関する様々な出来事に巻き込まれていく・・・
そんなお話です。

ある本にまつわる出来事があって、
該当の本に対するうんちくを述べて
事件も解決!
・・・するだけではありませんでした。
最後には、ドキドキする展開も待っていて飽きさせません。
予期しない展開にびっくりしました。

2巻以降でも、「栞子さんの母親」に関して
様々なエピソードで描かれています。
1話完結するだけでも、本に関するうんちくを知れる分、十分楽しめるのですが
その先に、大きなエピソードが待っているのが見えているので
いっそう、続きが知りたい!!と一気に読めるシリーズでした。

一冊目で一番好きなのは「論理学入門」のお話。
愛ですねえぇ・・・♪


まだ3作しか読んでいない、今年の本屋大賞ノミネート作品たちですが
現状、私の中ではこの作品が1位です。
こういうレーベルからノミネート作品が発掘されたことに
流石本屋大賞!!と思えました。

まぁまだ半分以上読んでいないので、なんともいえませんが
3位までには入って欲しいなぁと思っている作品です。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。