2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


白銀ジャック (実業之日本社文庫)白銀ジャック (実業之日本社文庫)
(2010/10/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る



東野さんの最新刊です。
単行本化されずに、いきなりの文庫化!
迷わず購入☆


━─━─━─━─━─
「我々は、いつ、どこからでも爆破できる」。

年の瀬のスキー場に脅迫状が届いた。
警察に通報できない状況を嘲笑うかのように
繰り返される、山中でのトリッキーな身代金奪取。

雪上を乗っ取った犯人の動機は金目当てか、
それとも復讐か。
すべての鍵は、一年前に血に染まった禁断のゲレンデにあり。
今、犯人との命を賭けたレースが始まる。

圧倒的な疾走感で読者を翻弄する、痛快サスペンス。
━─━─━─━─━─


東野さんはスノーボーダーとして知られていますよね。
雪山の描写、ボードやスキーの描写がすごく詳しくて
分かる人が読んだら、その詳細な記述が
非常に楽しめるのではないかと思いました。

残念ながら、ウィンタースポーツをたしなまない私は
雰囲気を味わうことしかできませんでしたが^^;


降雪前に、ゲレンデに仕掛けたという爆破物。
人質は、スキー場のお客さん全員。
身代金を用意しないと、爆破する――


このような脅迫状が届き、ゲレンデ関係者は頭を痛めます・・・。
結局、警察に届けることなく、
自分たちだけで事態の収拾を図るのですが
これが残念なぐらい、犯人に翻弄されてしまい・・・。


面白かったです。
次々に事件がめまぐるしく展開し
飽きさせません。

きっとこの人を、犯人と思わせたいんだろうな、
と、ミスリードを誘っていることには、気づけるのですが
なかなか黒幕までは推理できず。。。

ひょんな違和感から、黒幕の正体に気づいたのは
ネタばらしまであと少し・・・!というところ。
ネタばらしより前に気づけたことはよしとしつつも
うーむ
やられてしまったなぁ。。。



興味は非常にあるのですが、
ウィンタースポーツにほとんど触れたことがないので
スキー場の描写は、とても楽しく読んでいました。

作中、何度も禁止されたコースを
無理矢理滑っちゃうお客さんが描かれているのですが
素人目からも、それはすごく危なそうに見えるし
物語の中に出てくるような事件が、起こらないとはいえないので
非常に怖く感じました・・・。

楽しさも大切だとは思いますが
やはり自分にも人にも、安全第一に楽しめると良いですね。


素人の感想でした^^;
スポンサーサイト

【No title】
スキーやスノーボードの描写が多く、かっこよく描かれていて
スピーディな展開で一気に読むことができました。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
【>藍色さん】
いつもTBありがとうございます。

初めて読んだときは、スノボ未経験だったのですが
昨シーズン、ようやくゲレンデに行くことができて
白銀ジャックの世界を想像することができました。

行く前には、作品冒頭のような事故が、自分に起きないか
ヒヤヒヤしたものですよ(笑)
この記事へコメントする















「我々は、いつ、どこからでも爆破できる」。年の瀬のスキー場に脅迫状が届いた。 警察に通報できない状況を嘲笑うかのように繰り返される、山中でのトリッキーな身代金奪取。 雪上を乗っ取った犯人の動機は... ...

みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。