2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい加減、四国旅行記最終回。。。
なかなか進まないのは、今回撮った写真が原因。
初期設定のまま撮ってたので、撮影サイズが大きいままだったんですよね。
1枚1枚リサイズするのが、かなり手間で、
重い腰がなかなか上がらない・・・そんなどうでもいい事情。言い訳。


2日目夜。
ガイドブックが手元からなくなってしまったものの
それでも、翌日の行き先を考えます。

・・・
渦潮、見たいなぁ。。。

でも、帰りのバスを徳島駅発で予約してしまっているし
スマホで調べてみると、渦潮が見られるのは、朝9時台と夕方16時台・・・
17時の帰りのバスだと・・・無理?
いやでも、バスの予約を変更とかできないのかしら??

うーん。。。まぁいいや!!
明日、観光案内所で聞いてみよう!!

と、思考はここで力尽き
翌朝、9時から開いているという観光案内所に一番に赴くべく
2日目も早々に就寝・・・。
旅とは、本当に健康的な生活を送れる非日常ですね★


3日目、7月1日日曜日。

朝一番でレンタカー屋を訪ね、
苛立ちながらも、ガイドブックを取り返し、
9時、観光案内所を訪ねます。

IMG_0049.jpg IMG_0050.jpg

観光案内所がある、徳島駅前の様子。
歩道にも、ポストの上にも。
ぶれることのない、安心の徳島クオリティ♪

さて、案内所で、渦潮観光について尋ねてみたところ。

夕方の渦潮が見られるのはこの日は16時前後。
観潮自体には、あまり時間がかからないので
16時前後に鳴門に行って、渦潮見て
そこからJRのバス停にはギリギリ戻れる、という回答。

なので、JRバスにも尋ねに行きました。

予約変更は可能でしょうか?  
 →往復予約をネットでしていたのですが
  徳島(始発場所)から座席を押さえているので、
  同じ便に途中から乗るのは大丈夫でした。

となると、そのバスが鳴門のバス停に来る時間を確認・・・
ふむふむ、17:45ですか。。。

朝ご飯を食べながら考えた結論は、行ってしまおう!!でした♪

次に来る機会もなかなかないだろうし
なんだか、最後まで行き当たりばったりも面白いし
そんなノリでした★


参考までに、私がたどったルートは以下。

・17:45に高速鳴門のバス停必着
・16:36の徳島バスで、鳴門海峡から高速鳴門まで移動する(20分くらいでした)
・この日は16:20が大潮。
 大潮はその時刻の前後2時間で渦が見られるというので
 16:00ごろをめどに見に行くことにする
・16:00までに鳴門海峡に着くために、14時に徳島駅を徳島バスで出発!
 (定刻運行でも70分ぐらいの乗車時間です)

と、逆算しました。

案内所では、15時のバスで大丈夫と言われましたが
やはり路線バス・・・結果として渋滞によって遅れましたし
急な予定変更を、楽しみながらもどこかびびってたので
ここは余裕をとって正解でした。


さて、14時まで何しようかな・・・?

IMG_0051.jpg

やはり、、、あれだよね。
駅からあまり離れずに行くことの出来る、徳島のランドマーク。

眉山に行ってきました。
標高は300メートルもない山ですが

IMG_0065.jpg

のぼりはロープウェイにて。
すれ違いざまをパシャリ☆こんなのに乗りました。
小さいカゴが2つ連なってる、なかなか珍しい?ロープウェイ。

IMG_0071.jpg

山頂へは5分くらいで着きました。
徳島市内が一望できる絶景だったのですが、あいにくの天気がなんとも悔しかったです。
晴れていれば、鳴門海峡のその先には淡路島。
紀伊半島も臨むことができるとか。

前日、クルマで渡っていましたが
改めて四国三郎、吉野川の広さに感嘆したり。

眉山の山頂には、モラエス館という施設があり
そちらも合わせて観光してきました。
徳島のラフカディオ・ハーンといわれる、モラエスさんの記念館です。
ロープウェイの乗車券で入場できるので、足を伸ばしてみるのもオススメ♪

鳴門への突撃っぷりには劣りますが
いきなり訪れたにしては、眉山もなかなか良かったです♪
この地を舞台にして書かれた小説、図書館に取り寄せ済みなので
今月中に読了&感想書けるといいなぁ♪

IMG_0074.jpg

急がない旅、最大の象徴の1枚。
眉山からの帰りは、なんと徒歩を選択(笑)
ロープウェイ乗り場のお姉さんに「30分ぐらいで降りられる」と聞いたもので
その言葉を鵜呑みにし、冒険することに★

いやぁ・・・
小雨が降ったり止んだりの足下悪い中で
スニーカーの装備しかない人間が、トレッキングなんて選択してはいけません(当たり前)
山中、アラサー女ひとり、2回目もすっころんでしまいました(笑)

最短ルートは遊歩道など何もない、普通の山肌だったので
慎重に歩いた結果、30分以上はかかりましたが、無事下山。

徳島駅に戻り、路線バスの到着を待ちます。。。



ふぅ。
これだけ書くのにかなり時間がかかってしまいました。
1日1記事でまとめたかったのですが
渦潮編は、次回最終回に持ち越し・・・。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。