2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんとのほんとに最終回!


7月1日日曜日の午後
眉山を徒歩で下山、
ふもとの阿波踊り会館(眉山ロープウェイの発着場にもなっています)で
たまらず涼を求め、すだちアイスを食べました♪

徳島名産、すだち!
フォルムカードにもなっているすだちを、ようやくこのタイミングで★
実は、これまたフォルムになっている
地元名産を使った、鳴門金時アイスもあったのですが
さすがにトレッキング後は、すだちにひかれましたね・・・(笑)

さっぱりしていて、とても美味しかったです♪


14時
駅前のバスターミナルへ。
鳴門行きの地元の路線バスに乗り込みます、さらば徳島市。

渋滞に巻き込まれながらの行程だったので
本来が70分弱の予定(もはやおぼろげ)ですが
1時間半近くかかって、鳴門海峡にやってきました。


IMG_0083.jpg

到着間際に車中から撮影した一枚。
旅の終盤、ようやく天気に恵まれました。


観潮は、ガイドブックと相談した結果、渦の道という
鳴門海峡にかかる大鳴門橋、その車道の下に整備された
遊歩道を歩いて、真上から観察しようと計画していました。

が、路線バスを降りたところにある、一軒のお店。
そこの店番をしていたおばあちゃんに
「お姉ちゃん、船で渦潮みない??」と勧誘されてしまい・・・

遊歩道よりは、割高な料金設定だし
何より、帰りのバス停に余裕をもって到着したかったので
「(時間調節が自分で出来る)遊歩道に行こうと思うんです~」と
一度は断ったのですが・・・

おばあちゃんが誘ってくれた船、「うずしお」は
(各社、色々な船が出ています)
20分ぐらいの観潮時間。
16:00の便に乗れば、私が乗りたい16:36の帰りの路線バスにも、十分間にあうと言われ・・・


んじゃ、行きます!!と二つ返事(笑)

親切な方で、大きな荷物を店内で預かって下さり
身軽な格好で、いざ「うずしお」の受付へ!!

んんんん???
人がいない・・・ぞ?

受付を済ませた出向20分前の時点で
次の乗船予定客は私一人状態でした!
なんと贅沢な船旅!と期待した野も束の間
他のお客さんもどんどん来て、独り占め船旅は幻に終わりました・・・

が、日曜の夕方のせいか
非常にお客さんが少なかったです。
16:20が渦潮が最大になる時間での、16時便で15人程度でした。
(1本前の便は2人客1組!)
穴場なのかしら?おすすめですよ!

だってだって!!


IMG_0103.jpg


「今日は絶対にいい渦潮が見られるから、船に乗った方が良い!」
と薦めてくれた地元のおばあちゃんの言葉に偽りなし!

うずしおは小回りのきく割と小型な船。
その機動性を活かして、渦にかなり寄ってくれます。
迫力の渦潮がこんな感じで見ることが出来ました!!

IMG_0111.jpg

このように、潮流がぶつかりあって、渦になります。
直径がどれぐらいなのかは。。。ちょっと分かりませんが
色々な場所で渦が出来ているので、いくつも見ることが出来ます。

渦の道、遊歩道ならば
海面から45mの高さからの観潮となってしまうところでしたが
これは・・・うん、行って良かった!!


当初の予定にはなく
行き当たりばったりで決めた行き先。
自然現象だし、本当に見られるんだろうかと不安に思っていましたが
天気に恵まれ、しっかりと渦が見られて
本当に大満足!!

IMG_0120.jpg

うずしおはこんな船。
ガイドブックによると正式名称は「高速観潮船うずしお」とのこと。
大人一人1500円です。高い・・・かな?
しかし渦の道の入場に500円払うなら、
ここまで来ているのだしここは絶対に船に乗るのがオススメです。
船酔いが心配という人には、他社から大型船も出ているようです。


薦めてくれたおばあちゃんにお礼を言って
高速バスのバス停を目指し、16:36出発。
無事、17時前にバス停に到着し、とうとう旅も終わりです。

IMG_0126.jpg

約2時間
高速バスはあっという間に淡路島を縦断し、本州へ。



徳島・・・

近いようで遠い場所ですね。
2時間半の高速バスで行ける距離。
しかし大阪から2時間半あれば、、日本全国どこへも行けてしまうのでしょう。
近くて遠い場所でした。

もしもまた訪れるなら
やはり生で見たい阿波踊り!
あとは、脇町というところのうだつが気になります。


高知・・・

そんな徳島から、高知入りするだけで
2時間ぐらいかかったでしょうか?
今回訪ねた場所はイマイチに終わりましたが
高知市内の日曜市や、桂浜
読書好きの自分としては、馬路村も訪ねてみたい!

観光しきれなかっただけに、徳島よりはリベンジしたい気持ちが強いです。



今回参考にした本

タビリエ 四国 (タビリエ (31))タビリエ 四国 (タビリエ (31))
(2008/05/01)
不明

商品詳細を見る


すでに絶版です。
2008年夏に、18切符で四国を訪ねたときに買った本を使い回しました★
今は、名前を変えて新シリーズが同出版社から出ているみたいですね。


見とこ、行っとこ、トコトコ四国見とこ、行っとこ、トコトコ四国
(2012/03/21)
もぐら

商品詳細を見る

大好きな漫画家さん、もぐらさんの本です!
関西版に続いての第2弾です。
次作も楽しみにしています♪


さて
2012年の夏の青春18きっぷの季節も目の前に!

今年の夏はどこ行こうか?
↑の歌を聴きに、とっても新潟に行きたいんですけどね♪

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。