2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


野良女野良女
(2009/07/18)
宮木 あや子

商品詳細を見る

宮木あや子さんです。
まだ読んでいない作品だったので、迷わず手に取りました。

すでに文庫も出ているようですが、
私はこの単行本の表紙、「臨死!江古田ちゃん」の瀧波さんが書いたイラストが
中身に非常にマッチしているな、と思います。

━─━─━─━─━─
幸せになるまで死ねません!
恋も仕事も夢見る少女じゃいられないアラサー女子の、
心の叫びがこだまする!
笑って泣いて仲間と飲んで、
明日もがんばる痛快作。
━─━─━─━─━─

お互い知り合いである5人の女子が、各話で主人公となり
それぞれ自分の求める男子を追いかけているお話です。

アラサー女子・・・同世代の自分にとっては
共感した人はいないけれども、なんとなく「わかるなぁ~」と
そんな感覚で読み進めていました。


いい感じになっているので
お持ち帰りしやすいシチュエーションをしかけているのに
誘いに乗ってこない、草食男子に悩む者・・・

海外にいる彼氏と、進展のない遠距離恋愛をしているせいで
実家の親から見合い話をもってこられる者・・・

不倫関係を断ち切れず、ずるずる続ける者・・・


周りを少し広い目で見てみたら
どこかに、この小説に出てきた人物がいるのでは?と思えるぐらい
なかなかにリアルでした。

「花宵道中」や「セレモニー黒真珠」のようなしっとりとは違い
なかなかにぶっ飛んでいる雰囲気の一冊ですが
面白かったです♪


なかなか自分は、同年代の友人とのつきあいが減ってきているので
こうやって、事あるごとに集まって、
馬鹿騒ぎできるさっぱりした友人関係が
何よりうらやましく、憧れました。


登場人物たちの今後に、幸多くあらんことを祈りたくなる一冊です。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















野良女(2009/07/18)宮木 あや子商品詳細を見る宮木あや子さんです。まだ読んでいない作品だったので、迷わ ...

みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。