2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関門旅行記、番外編な最終回をお届けします、

さて番外編、その内容はといいますと
<門の巻>でふれていた「私用」。
実はこれ、すべて風景印を求めての局巡りでした!!

てなわけで、戦利品?をご紹介します。
台紙には、山口第1弾、ふぐのフォルムカードや
季節のポスト型を使用しました。

IMG_0925.jpg

まずは、JR下関駅下車後すぐ。
駅前にあった下関局へ向かいます。
さっそくふぐの変形印が出迎えてくれて感動!!

IMG_0926.jpg
次に向かったのは下関今浦局。下関局から200mぐらいです。
こちらでもふぐがしっかりデザインされていて、ご当地を感じさせます。

IMG_0927.jpg
3つめは、下関豊前田局。
ぶぜんだ、と読むそうです。難しいですね。。。
ここのデザインは高杉晋作像です。

駅(下関局)→今浦局→豊前田局→駅、までは
徒歩で30~40分弱といったところでした。いいお散歩ですね♪


ここからはバスで少し移動して、唐戸市場の方へ向かいます。
バス降車後、すぐに向かったのが

IMG_0928.jpg
下関南部町局です。
1枚のフォルムカードに押せるのが、3つが限界だったので
早速ふぐカード2枚目に突入だなぁ。。。と思っていたら
まさかまさかのカードとおそろいの変形印にテンションも上がります!!

ここでは、お友達にお便りを出しました。
実はこの郵便局
IMG_0611.jpg
下関で最古の洋風建築物であり
日本最古の現役郵便局舎として、とても有名なんです。
どのガイドブックをめくっても、ここの郵便局は載っていました。
そういうのを、お便りに認められると良かったのですけどね^^;


この日の午後、金子みすゞの詩碑巡りをしていた時にも
途中、ルートを外れて、郵便局巡り。

IMG_0930.jpg IMG_0929.jpg
上田中町の郵便局も、この変形印枠を使用していたので
2枚目のふぐカードは、この変形印×3で埋めることができました!大満足!!


局めぐ中
局員さんに「ご旅行ですか?」と尋ねられ
「大阪からです」というと、みなさん「あぁやっぱり・・・」という顔をされてました。
同じ西日本なんだから、そんなに違いはないだろうと
高をくくっていたのですが、いやはや
結構自分、しっかりなまっているみたいでした。。。

また、戦利品として下関局の風景印を、上田中町の方々にお見せすると
わりと近所でありながら、お互いの風景印はあまりご存じないようで
同じふぐの変形印でも、こうも違うのか~と感心されていました。

確かに、大きな道路を一本渡って、
商店街の中の下関中之町局を訪ねると
IMG_0931.jpg
もう、ふぐの姿はありません。


徒歩圏内なのに、こうもいろいろ違うことに
改めて、風景印蒐集って面白い!と思えました。


さて、この日の最後は
自分で蒐集する初めての九州の風景印です。
19時まであいていた、門司港郵便局にて

IMG_0932.jpg
GET!!

まさにこの関門海峡の下を歩き
この日は約10キロのお散歩!本当に疲れました。

2日目は土曜日だったので、すっぱり郵便局は忘れ、門司レトロの観光です。

載せきれていなかった写真をいくつか

IMG_0735.jpg
ブルーウィングです。跳ね橋。

IMG_0772.jpg
九州鉄道記念館は、こうした実物の車両の展示がお出迎えしてくれます。


IMG_0788.jpg IMG_0789.jpg
夜景は・・・展望台から撮ったので
ガラスへの映り込みを、どうしても避けられず・・・微妙な写真★

とにもかくにも、これにて関門旅行記、終了です。
長らくのおつきあい、ありがとうございました!
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。