2017 / 04
≪ 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジェノサイドジェノサイド
(2011/03/30)
高野 和明

商品詳細を見る


今年の本屋大賞入選作品、10冊目です。

━─━─━─━─━─
急死したはずの父親から送られてきた一通のメール。
それがすべての発端だった。

創薬化学を専攻する大学院生・古賀研人は、
その不可解な遺書を手掛かりに、隠されていた私設実験室に辿り着く。
ウイルス学者だった父は、そこで何を研究しようとしていたのか。

同じ頃、特殊部隊出身の傭兵、ジョナサン・イエーガーは、
難病に冒された息子の治療費を稼ぐため、ある極秘の依頼を引き受けた。
暗殺任務と思しき詳細不明の作戦。
事前に明かされたのは、「人類全体に奉仕する仕事」ということだけだった。
イエーガーは暗殺チームの一員となり、
戦争状態にあるコンゴのジャングル地帯に潜入するが…。
━─━─━─━─━─

「ジェノサイド」というタイトル通り
戦争のシーン、虐殺のシーンが出てきます。
それが結構応えます。

直近で読んだ「悪の教典」の大量殺人シーンは
気分が悪いと言ってもフィクションであるので、
「起こりえない話」というのが分かって読んでいました。

が、この作品での戦争シーンは
世界のどこかで本当に、日常茶飯事として起こっていて
自分はそれを知らないだけなんだろう、と思うと
なんて平和に生きてるんだろう・・・と応えます。

たった2ページの記述でしたが
中盤、イエーガー一行が戦闘する少年兵の一団。
オネカ少年が兵士になるまでのあのエピソードは、辛い。

本編の筋立ては、推測できるせいか
この2ページのリアルな記述が、自分には一番印象が強かったです・・・

▼続きを読む▼

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。