2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジウ―警視庁特殊犯捜査係 (C・NOVELS)ジウ―警視庁特殊犯捜査係 (C・NOVELS)
(2005/12)
誉田 哲也

商品詳細を見る



誉田哲也さんです。
武士道シリーズと、姫川シリーズは読書経験有り。

━─━─━─━─━─
ある夏の午後、都内の住宅街で人質篭城事件が発生した。
所轄署や機動捜査隊が現場を固める中、本庁からは、
門倉美咲巡査が所属する捜査一課特殊犯捜査第二係も出動。
篭城事件や誘拐事件の現場作戦活動を担当するSITは、
すぐに犯人との交渉を始める。

だが、長引く篭城に、
本庁警備部が特殊急襲部隊を待機させ、
SITに無言の圧力をかける…。

夜を迎え、差入れ役を命じられた美咲
は犯人のもとへ向かった―。

この瞬間、すべての歯車が回りだし、新たな巨大事件の姿が現れ始める。
━─━─━─━─━─


序章で、のちに作中で「利憲くん事件」と呼ばれる
小学生児童の誘拐事件が語られた後
上述の、籠城事件が発生。

色々余波を残しながら、この事件の犯人を取り調べていると
この犯人が「利憲くん事件」と関わっているのでは?という疑惑が浮上。
犯人の供述を元に
未だ未解決である利憲くん事件を追っていくと・・・!?

というお話です。


図書館で「ジウⅡ」「ジウⅢ」とまとめて借りてきたのですが
どうやらこれ、シリーズものではなく
3冊まとめての3部作。
勝手にシリーズものだとばかり思っていたので
物語が終わりそうにない終盤は、どうなることかと思いつつ・・・
なるほど、現時点で3分の1ならば、
今後まだまだ長い展開に期待が持てそうです♪


主人公は二人。
門倉と伊崎、共に女性の警察官なのですが
性格は真反対。まるで武士道シリーズの2人のようです。
戦闘能力のことばかり考えている伊崎と
女性らしい警察官、門倉。
特に伊崎は門倉を苦手としているようですが
序盤こそ接点はあるものの、二人は別の道を行きます。

この離れてしまった二人が、今後
どこでどういう再会をするのかは非常に楽しみ♪


そんなまったく違うタイプの女性二人が主人公なので
それぞれのストーリーも、まったく違うもの。
伊崎は、バリバリ肉体派なので、
終盤の活躍はそれこそ、アクション映画のようなものであり

一方の門倉は、言うなれば普通の日本の警察で
地道に捜査をし、上司と信頼関係を築きながら
真相に一歩ずつ近づいていきます。

この1冊目では、イイトコ取りをするのは伊崎でしたが
どちらかといえば、門倉の記述が多かったかな??

決して、門倉のような
女性特有の優しさを備えている私ではありませんが
とはいえ、伊崎のような過激さは
残念ながら?幸か不幸か? 持ち合わせていないので(笑)
どちらかといえば、門倉の考え方について行きやすかっただけに
1冊目は読みやすかったです。


事件の行方も、二人の今後も気になる続き。
頑張って読むぞ♪♪
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。