2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


神様のカルテ 3神様のカルテ 3
(2012/08/08)
夏川 草介

商品詳細を見る


半年弱、図書館の予約で待ちました~。。。
素敵なシリーズの第3弾です。

━─━─━─━─━─
栗原一止は、信州にある「24時間365日対応」の本庄病院で働く内科医である。
医師不足による激務で忙殺される日々は、妻・ハルの支えなくしては成り立たない。

昨年度末、信濃大学医局からの誘いを断り、本庄病院残留を決めた一止だったが、
初夏には恩師である古狐先生をガンで失ってしまう。
落ち込んでいても患者の数が減るわけではない。
夏、新しい内科医として本庄病院にやってきた小幡先生は、
内科部長である板垣(大狸)先生の元教え子であり、経験も腕も確かで研究熱心。
一止も学ぶべき点の多い医師だ。

しかし彼女は治ろうとする意思を持たない患者については、
急患であっても受診しないのだった。
抗議する一止に、小幡先生は
「あの板垣先生が一目置いているっていうから、どんな人かって楽しみにしてたけど、
ちょっとフットワークが軽くて、ちょっと内視鏡がうまいだけの、
どこにでもいる偽善者タイプの医者じゃない」と言い放つ。

彼女の覚悟を知った一止は、自分の医師としてのスキルに疑問を持ち始める。
そして・・・
━─━─━─━─━─

いつも「━─━─━─━─━─」で囲む部分のあらすじは
アマゾンから引っ張ってきているのですが
今回は、ネタバレに触れた結末だったので、最後は割愛。


愛すべき人物であった古狐先生を2巻という早い段階で失い
これからどんな面子になるのかと思っていた本庄病院。
やってきたのは、確固たる信念を持つ女医さんでした。

彼女の診療方針は、一見すると腑に落ちないものが散見されます。
その理由もおいつつ、もちろん診察も続けつつ
一止の住まいである御嶽荘にも変化がありつつ
一止が大きな決断をする3巻です。


新しく本庄病院にやってくる女医、小幡先生。
彼女の言葉には深いものがありました。

「医者っていう仕事はね、無知であることがすなわち悪なの。・・・」――p214より

常に最新の医療を勉強する必要性を十分に理解し
且つ、それを実践している小幡先生の姿。
勉強に傾倒して、診療をおろそかにしているのではと
周りを不安がらせもしますが
彼女が、そうやって頑張る理由・・・。


自分は医者にはなれないので、想像できません。
なので、患者の立場になったときのことを考えてみると・・・
確かに、きっと誰だって勉強している医師に診て欲しいと思いますね。
今冬のドラマ「ラストホープ」のような環境が
理想といえば理想でしょう。

けど、実際に医療に携わっているのは
一止みたいたちに、自分の時間を犠牲にしていて
そういう時間が必要だと理解していても
時間が割けない・・・んだろうし。

なんて難しい問題なんでしょうね。

ゆえに自分なりに結論を見つけ、
新しい道を歩き始める一止はすごいと思います。
彼が新しい環境で頑張る姿を、これからも応援したいです。


▼続きを読む▼

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。