2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あぽやん (文春文庫)あぽやん (文春文庫)
(2010/10/08)
新野 剛志

商品詳細を見る


初めましての作家さんです。
ドラマ、家族が見ているのを横目で見ていました。
なかなか面白そうなドラマだったので、
最初からきちんと見ておけばよかったなと思いつつ
原作本を見つけたので読んでみました。

━─━─━─━─━─
遠藤慶太は29歳。
大航ツーリスト本社から成田空港所に「飛ばされて」きた。
返り咲きを誓う遠藤だったが―

パスポートの不所持、予約消滅といった旅客のトラブル解決に奮闘するうちに
空港勤務のエキスパート「あぽやん」へと成長してゆく、
個性豊かな同僚たちと仕事への情熱を爽やかに描いた空港物語。
━─━─━─━─━─

ツアー会社経由で旅行に申し込んだお客さんに
空港で搭乗券の発券や、パスポートのチェックなどをするお仕事のようです。
飛行機を使った旅行にはなじみがないので
専門用語になれるまで大変でした。

1巻目では、遠藤くんがこの場所にやってきたことを
不本意に感じながら頑張って
いつのまにやら、一人前のあぽやんに成長していく・・・
そんな雰囲気を感じます。

まったく専門外の自分から見ても
「おいおい遠藤くん・・・それはちょっと・・・」と
彼を見守る空港スタッフたちと、
同じ目線になってしまいそうになりますからね^^;

つきあってもいない人にプロポーズしちゃうなんて
彼の人柄・・・憎めません。


恋する空港 あぽやん2 (文春文庫)恋する空港 あぽやん2 (文春文庫)
(2012/12/04)
新野 剛志

商品詳細を見る


そんな遠藤くんの続編。
1週間のうちに連続して読んだので
イレギュラーながら、2冊まとめてのご紹介。

━─━─━─━─━─
遠藤慶太は30歳。
大航ツーリスト成田空港所に赴任して二年目を迎えた。

今や空港勤務のプロ「あぽやん」として大活躍―のはずが、
能天気な新人の教育、テロリストの出没騒動に今日も悪戦苦闘。
さらに空港所閉鎖の話が浮上する中、
恋のライバル登場で、まさに大ピンチ!?

遠藤の活躍を描く、大人気シリーズ第二弾。
━─━─━─━─━─

遠藤くんに後輩ができました。
枝元くん、ドラマでは山本裕典くんが演じていたポジションですね、
新人教育に一喜一憂しながら
連作小説のスタイルを撮る2作目では
冒頭の1話で起きた、ショッキングなできごとを皮切りに
恋の話など、もりだくさんです。


1巻と比べて、遠藤くんはずいぶん成長したなという印象でした。
特に2冊目での、枝元くんの教育に苦慮するシーンでは非常に共感。
元々、遠藤くんと今の自分は同世代の設定で
自分もここ数年、新人の指導に悩んできた経験があって
「分かるなぁ・・・」としみじみ読んでいました。


恋のエピソードは、お相手は一人しかいないので
さて、どう展開していくか?を楽しみつつ。
ドラマの配役から、この人が重要っていうのは
1巻から分かっていましたしね♪

この恋愛シーンで一番悩ましい問題・・・
個人的には、あまりリアルさを感じられなかったのですが
著者の新野さんが、空港勤務経験者ときくと
一概にそうとも言えないのかなぁ・・・なんて思いつつ。

後半で、彼らに浮上する大きな問題の決着もついていませんし
遠藤くんの恋愛のその後もとても気になるので
ぜひとも、もう1冊は続編を期待したいシリーズです。

原作を読み終えて、改めて思いました。
ドラマ見ていれば良かった!!
ドラマ版がどういう最終回を迎えたのかは知らないのですが
もしも続編が制作されるなら、今度は見たいなぁ~
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。