2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
(2012/08/04)
岡崎 琢磨

商品詳細を見る


コーヒー好きとして気になっていた一冊。
最近、2巻も出たようです。

━─━─━─━─━─
京都の小路の一角に、ひっそりと店を構える珈琲店「タレーラン」。
恋人と喧嘩した主人公は、
偶然に導かれて入ったこの店で、運命の出会いを果たす。
長年追い求めた理想の珈琲と、魅惑的な女性バリスタ・切間美星だ。

美星の聡明な頭脳は、
店に持ち込まれる日常の謎を、鮮やかに解き明かしていく。
だが美星には、秘められた過去があり―。

軽妙な会話とキャラが炸裂する鮮烈なデビュー作。
━─━─━─━─━─

個人的には、楽しんで読めました。

が、あらすじをひっぱってきたアマゾンや
読書メーターでの評価はおおむね低い様子。

ビブリアと比較すると・・・という声が多いようです。
なるほど。。。

しかし、私的には
・このミスレーベルの、しかも隠し玉(=大賞ではない)
・表紙がラノベ
というところから、大きな期待をして読んだというわけでもないので
そこそこ楽しめました。

このミスレーベルは、バチスタシリーズ以外、
個人的にはアタリがないレーベルなんですよね。。。
一時期、受賞作品をかたっぱしから読みましたが
あまりのストライクのなさに、追うのを辞めてしまったりした経緯も・・・


そして、この装丁。
ライトな読者層をターゲットにした作りであって、けっして本格ミステリに非ず
という雰囲気がたっぷりしています。

なので「ミステリ部分が弱かった!」という感想は
ちょっぴり酷と思いました。
京都の珈琲店で、バリスタが日常の謎を解くというシチュエーションなら
まあまあ及第点かな、と。
仕掛けに凝りすぎて、読みにくい印象はありましたけどね。

さて、ここからは7章で明らかになるネタバレに触れます。

▼続きを読む▼

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。