2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フロム・ミー・トゥ・ユー (8) (東京バンドワゴン)フロム・ミー・トゥ・ユー (8) (東京バンドワゴン)
(2013/04/26)
小路 幸也

商品詳細を見る


東京バンドワゴンシリーズの最新刊を読みました。
いつもと違う装丁、目次にびっくり!
4回に1回は、休憩?するのが今後はお約束になるのかしら?

━─━─━─━─━─
堀田家随一のイケメン、青の出生の秘密とは?(「紺に交われば青くなる」)
藤島社長と堀田家の初めての出会いとは?(「縁もたけなわ味なもの」)
地味な紺が、亜美を射止めたきっかけは?(「愛の花咲くこともある」)

老舗古書店「東京バンドワゴン」に舞い込む謎を、
大家族の堀田家があふれる人情で解決する人気シリーズ第8弾、番外編。
知られざるエピソードが満載。
書き下ろし3編を含む全11編。
━─━─━─━─━─

いつもはサチばあちゃんの視点で、堀田家の一年間が書かれますが
今回は、堀田家やその周囲の人々の目線で描かれる
今まで明かされていなかったエピソード含むサイドストーリーです。

サチばあちゃんがいなくなっちゃったので
シリーズ、終わっちゃうの??と悲しくなりましたが
最後はきっちりサチばあちゃんの目線で締められて、一安心。

目次には、各話のタイトルしか書かれていないので
これから読む方は、どのお話がどの人目線か?と
推理しながら読むのも楽しそうですね♪


個人的に一番好きなのは「野良猫ロックンロール」。
収録されている中でもっとも短い、わずか10Pのお話ですが
私的にはしっかり余韻に浸れたお話。
ここから始まる物語を想像するのがとても楽しいです!
さて、語り部は誰でしょう♪


今秋、ドラマ化も決定したという本シリーズ。
亀梨くんが青をやるという噂が聞こえてきていますね。。。
好きな作品が、映像化によってたくさんの人に知られてしまうのが
嬉しくもあり、寂しくもあり・・・。

このシリーズで、私が一番好きな描写は
だれが何を言っているのか、考えながら読まないと分からない
大人数での朝食のシーンです。
番外編な本作でも、この描写はあります。
やはりこれがないと、東京バンドワゴンじゃない!!と
個人的には考えている、大好きな描写です。

これを映像化されてしまうとなると
せっかくの小説ならではの表現の巧さが、損なわれてしまうように思え
どうなのかなぁ・・・と思っています。

そんな不安が吹き飛ぶような、映像化に期待したいですね。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。