2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オレたちバブル入行組 (文春文庫)オレたちバブル入行組 (文春文庫)
(2007/12/06)
池井戸 潤

商品詳細を見る


ドラマは見ていないのですが
我が家全体で池井戸潤ブームなので
回ってきた、噂のドラマ「半沢直樹」の原作本、読んでみました。

━─━─━─━─━─
大手銀行にバブル期に入行して、今は大阪西支店融資課長の半沢。
支店長命令で無理に融資の承認を取り付けた会社が倒産した。
すべての責任を押しつけようと暗躍する支店長。
四面楚歌の半沢には債権回収しかない。

夢多かりし新人時代は去り、気がつけば辛い中間管理職。
そんな世代へエールを送る痛快エンターテインメント小説。
━─━─━─━─━─

冒頭のシーンにびっくり!
売り手市場だったバブル期の就職活動って
こんなんだったのですか。。。
「拘束」。こんなことする会社は、色々無理だと思いました・・・。
時代なのでしょうかね・・・


「倍返しだ!」のセリフが非常に有名になっている半沢さん。
しかし、原作の中では「倍返し」は一度も言いません。
一度だけ「10倍返しだ」とは言っていましたが・・・


しかしその決めぜりふがなくても
なかなか濃いキャラクターです。
確かに思います、上司にこんなふうに言えたら気持ち良いだろうな♪
まぁ私はまだまだ社会人でいうとひよっこの部類ですけど。

粉飾決算を見抜けず、巨額の融資をした責任を取らされそうになっている半沢。
四面楚歌の状況ですが、融資を行い、倒産した等の会社を調べてみると
たたけばホコリが沢山でてくるようで・・・
回収をあきらめない一方、自分を蹴落とそうとする社内にも
真っ向から対立するその姿勢!!


最近、ちょこちょこと
池井戸さんの描く銀行員さんのお話を読んでいますが
一番濃いキャラをしているなぁと思います。
ドラマ化に納得です。


馬が合わない支店長を追い詰めていく終盤の展開は
ちょっと底意地が悪すぎるのでは?とも思いましたが
まぁなんだか綺麗にまとまっていた印象。
あのままだと、半沢も嫌なやつのまま終わりそうだったので
ほんと、ドキドキしました^^;

しかし支店長・・・
花の正体が半沢?と思ったなら
せめて妻の名前ぐらい、調べたらいいのに・・・★



続編もすでに手元に届いているので楽しみ♪
我が家での池井戸ブームは、まだまだ続きそうです。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。