2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年11月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1538ページ
ナイス数:133ナイス

空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)感想
wikiで調べたところ、2000年に同じような事件があったのですね。同じ系列の銀行があることと、著者のプロフィールから、なんとなくここではないかと思いましたが・・・。主人公の赤松のポジションにあたる、事故を起こした運送会社は、現実では廃業・・・小説ではそうならないことにしっかり期待しながら読み進めますが、いっこうに解けない誤解、PTA関連の問題など、様々な困難が赤松を襲い、読んでいてかなり切なくなる上巻でした。
読了日:11月7日 著者:池井戸潤
空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)感想
期待していた週刊誌によるスクープがボツになってしまい、いったいどこから反撃するの!?とヒヤヒヤしながら読み進めました。最後は泥臭く地道に頑張ることが実を結ぶんですね~。どん底の状況にあろうと、自分の正しさを信じて諦めなかった赤松の心の強さにただただ敬服。今作は、あまり銀行さんが出しゃばってこなかったので面白かったです♪直近で読んできた池井戸作品は、なんやかんやで最後は銀行さんに主役を持って行かれていたので、最後まで楽しく読めた作品でした。
読了日:11月7日 著者:池井戸潤
架空通貨 (講談社文庫)架空通貨 (講談社文庫)
読了日:11月10日 著者:池井戸潤
雀蜂 (角川ホラー文庫)雀蜂 (角川ホラー文庫)感想
最後の展開が唐突すぎたのが少々気に入りませんでした。最近読んだ貴志さんの作品が「新世界より」「悪の教典」などとてもよかっただけに、本書は若干期待外れ。ただ、雀蜂のアナフィラキシーショックだけでここまで書けるのもすごいとは思います。
読了日:11月22日 著者:貴志祐介

読書メーター


━─━─━─━─━─

ご無沙汰しております。
今更ながら11月のまとめをお届けする、帰省中のみやこのです。

11月11日から新しい会社で働き出して、早7週間。。。
今回は、医療業界への転職というものでして
1月末までひたすら勉強漬けの日々です。

図書館も書店も近くになく
というかそもそも、読書に充てる時間がほとんどなく
激減してしまったラスト2ヶ月でした。

と、同時に、電子書籍の便利さを実感した時間。
本屋さんに行かなくても、本が買える。収納にも困らない!
やっぱりオススメです。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。