2017 / 05
≪ 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年1月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1281ページ
ナイス数:100ナイス

ときぐすりときぐすり感想
2014年最初の一冊は、続きが非常に気になっていた「まんまこと」シリーズの4冊目。衝撃的な終わり方からどのように続くのか心配していたのですが・・・当たり前のように、毎日がたんたんと流れていきました。現実はえてしてそういうもので、衝撃的な出来事は連続しないということにリアリティや安堵を感じつつ・・・それでも麻之助が切なくてたまりませんでした。好きだったのは「ともすぎ」。年齢を超えた友情が素敵です。
読了日:1月1日 著者:畠中恵
シー・ラブズ・ユー (2) 東京バンドワゴン (集英社文庫)シー・ラブズ・ユー (2) 東京バンドワゴン (集英社文庫)感想
ドラマ化からの再読中。見終えた今となっては、長髪ではない我南人や、終盤のストーリーに少し違和感を感じつつも、なかなか良かったと思っています。最後にハプニングをもってこないと、ドラマは締まらないしね。2巻はそんなわけでドラマでも扱ったエピソードが多かったので、復習的な一冊でした。
読了日:1月2日 著者:小路幸也
ロスジェネの逆襲ロスジェネの逆襲感想
ドラマ化がまことしやかにささやかれていますが、実際いつになるんでしょうかね?半沢シリーズ3作目の本作は、前作ラストにて出向が決まった半沢さんの出向先でのお話。子会社の証券会社に出向した半沢さんが、バブル崩壊後、就職氷河期に苦労したロスジェネ世代の部下と一緒に、とある企業買収について絡んでいくお話でした。もちろん、半沢にとって良い結果になるっていう展開はわかっているものの、終盤のシーンはなかなか予想外で度肝を抜かれ、且つ胸のすく展開で、今作も非常に面白かったです。4巻も期待大ですね!
読了日:1月3日 著者:池井戸潤
貴婦人Aの蘇生 (朝日文庫)貴婦人Aの蘇生 (朝日文庫)感想
kindleにて読了。剥製×刺繍というちょっと不思議な世界にドキドキ。
読了日:1月20日 著者:小川洋子

読書メーター


━─━─━─━─━─

こんにちは、みやこのです。
3ヶ月の東京研修を終え、先週末、大阪に帰ってきました。

まぁなんしか勉強漬けの3ヶ月だったので
読書量はひどい有様☆
1月のこの冊数も、3冊は帰省中の読書ですから
実質東京で読んだのは2冊です。
読書メーターには登録のなかったkindle本、
「仏教」実践”超”入門という本も読みました。

myベストはたとえドラマ化などなく、無名作品だったとしても
「ロスジェネの逆襲」です。どんでん返しが気持ちよかった!!


2月は充電期間の予定です。
毎日自習・・・頑張ります。
一方ではしっかり、今まで読書できなかったフラストレーションを解消しようかと★

よろしければ、また今後の更新におつきあいください。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。