2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


探偵・日暮旅人の宝物 (メディアワークス文庫)探偵・日暮旅人の宝物 (メディアワークス文庫)
(2012/08/25)
山口 幸三郎

商品詳細を見る


約2年前に一気読みした「日暮旅人」シリーズ。
(そのときの感想文はこちら→
続編が出たのを知って、手に取りました。

━─━─━─━─━─
保育士の陽子は、旅人と灯衣親子の世話を焼くため、
相変わらず『探し物探偵事務所』に通う日々を送っている。

ある日、陽子は夏休みを利用して
大学時代の友人・牟加田の地元に出かけることになる。
旅の最中、陽子は牟加田から恋人を演じてほしいと頼まれる。
その頃、旅人は熱で寝込んでいて―。

少年時代の思い出輝く『夏の日』ほか、全5編を収録。
音、匂い、味、感触、温度、重さ、痛み―。
目に見えないモノを“視る”力を持った探偵・日暮旅人の物語は続く。
━─━─━─━─━─

第1シーズンと位置づけられた最初の4巻分を読み終えたとき
素直に「続編が読みたい」と思っていたシリーズなので
再会がとても嬉しかったです。
現時点では6冊目も刊行されているので
これを手に取る日も待ち遠しい限り。

第2シーズン1冊目となる本作は
一応、今までの4巻を知らなくて、読める仕掛けにはなっています。
視覚以外の五巻を失った、捜し物探偵の日暮旅人
そして彼の周りの人物について
改めてのエピソードも加えながら、復習するような一冊。
短編5編の収録です。

「六月の花嫁」でしょっぱなからいきなり泣かされかけ
「犬の散歩道」で灯衣ちゃん
「愛しの麗羅」でユキジの事を思い出し

「花の名前」はミステリ色が強いお話。
増子警部補って・・・登場済みの人ですよね?
すっかり忘れていました。

「夏の日」はキュンキュンします!
やったね陽子さん!!
と、心中ガッツポーズ♪

と、こうした形で
久しぶりの自分でもすんなり読める構成で
時間をおいて再度読み始めるにはいい一冊でした。
終盤には、今後の展開を期待させるような
なんだか暗雲もたちこめていましたし・・・

暗くなりすぎないことを願いつつ
この後の続きも楽しみにしたいシリーズです。


しかし・・・なんやかんやで
私は黒い旅人が結構好きだわ(笑)
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。